慰安婦像設置がサンフランシスコ市議で可決|アメリカの思惑が見えない

LINEで送る
Pocket

驚きのNEWSでした。

アメリカのサンフランシスコ市議会は9月22日、旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像や碑の設置を支持する決議を全会一致で採択しました。

これを受けて、地元の中国系団体は市と連携して設置に向けた活動を本格化させました。

アメリカはどうしたいのでしょうか?

像設置がサンフランシスコ市議で支持

サンフランシスコ市議会は22日、旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する像や碑の設置を支持する決議を全会一致で採択しました。

この決議は中国系市議らが提案したものです。そして、実際に決議を取ると11人の市議全員が賛成するという結果になりました。

決議では「苦しんだ少女と女性を追悼する場所」として像や碑の必要性を強調。ロサンゼルス近郊のグレンデール市で慰安婦像が設置されたことがきっかけで、アジア系住民が多いサンフランシスコにも設置するよう求めています。

どうしてこうなったのか。

中国系団体が費用を負担し、市営公園への設置を目指しています。しかし設置の時期や場所は未定とのことです。

とはいえ、市営公園にそういったものがあるのは問題でしょう。子供たちにとっては邪魔なものでしかないでしょうね。

像の設置をめぐっては、姉妹都市となっている大阪市の橋下徹市長が日米関係に配慮して慎重な対応を求める書簡を送付していました。

残念ながらサンフランシスコは姉妹都市の意見よりも中韓の意見を通したということでしょう。

スポンサードリンク

アメリカの思惑が見えない

今回の設置に関してはちょっとよくわからないですね。

というのも、アメリカ側の思惑が見えないです。アメリカ全体の意見ではないことは重々承知していますが、どうにも腑に落ちたいところがあります。

像の設置支持決議ですが、反日中国系団体にとっては日本政府に圧力をかける道具となります。全米でも屈指の観光都市である”サンフランシスコ”に像が設置されれば、これは世界に与える印象が大きいですね。

現地の日本人は反対活動をしていますが、市議ではまったく意に介さない様子です。中国系団体が主導し、韓国系団体が元慰安婦を招くなどをしています。中国と韓国の協力プレイに現地の日本人は太刀打ちできない状況です。

では、アメリカはどういうつもりなのでしょうか?

日本からは今後数多くの抗議がいくでしょう。それこそ日本政府からの抗議も考えられる状況です。カリフォルニア州は韓国のいいなりになっていると思うのですが、正直どうなのでしょう。アメリカとしても屈指の観光都市に慰安婦像を設置すると景観を壊す恐れもあるでしょう。中韓からの観光客目当てで見過ごすのでしょうか。

アメリカの考えが見えないです。

また、サンフランシスコの一般市民はどう思っているのでしょうか?

理解できないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る