戦争法案の反対運動が広がる|署名とデモから考える日本の未来

戦争法案に反対行動が広がっています。

こちらの戦争法案とは正式には安保法制に関する法案のことですね。各地で憲法違反という声が高まり、国会などでもデモが行われて大変騒ぎになっていることはご存じの通りです。

デモの内容としては「戦争ができる法律は不要」に「憲法9条を守れ」などと訴えですね。

こうしたデモ活動が各地でも広がりを見せています。

戦争法案の反対行動が広がる

そもそも本当に戦争法案なの?

そういった疑問の声があるでしょう。

こちらの法案は自衛隊の海外での任務を拡大させる内容となっています。具体的には憲法9条が禁じる海外での武力行使に道を開くということですね。道を開くことで活動の幅が広がるというものです。成立すれば他国を武力で守る集団的自衛権を行使したり、他国軍の戦闘を支援できたりするようになります。

ただ「成立したら即戦争可能ではない」ことは覚えておきましょう。

これは日本国民全員が関わってほしい、とても重要な法案となっています。

いろいろと問題点と戦争に繋がるという懸念がされていますが、別の問題点を挙げるならこの法案の重要性を日本国民が理解できていないことでしょうかね。

日本人だけでなく世界的にみても非常に注目度の高いものとなっています。日本の在り方を文字通りひっくり返す転換となる法案です。

賛否が集中するのも当然でしょう。

賛成派としては日本もテロなどに立ち向かうことで世界と足並みをそろえたいという意見ですね。また、近隣国などの侵略から身を守るためには日本も武装しなければという意見でしょう。

反対派としてはそうして海外のゴタゴタに突っ込むことで日本にも火の粉がおよび、国が戦争に参加してしまうことになる。それが常用化して年数を重ねることによって愚かな指導者などが生まれ、過去の大戦時のようになってしまう。

こういった意見があります。

各新聞社が行った国民アンケートでは反対のほうが上回っています。安保法制についてはこちらの記事で紹介しているのでご覧ください。

スポンサードリンク

反対デモと署名

こちらの法案については反対デモと署名活動が広がっています。

特に学者や作家などが中心となってデモ活動が繰り広げられている印象です。

国会に詰めかけたことは有名です。それだけでなく、各地でデモが行われています。渋谷でも行われ、北海道でもデモ運動が行われました。徐々に活動が広がっているとみていいでしょう。ネットでは様々な計画情報が飛び交っています。

さらに署名も開始されています。

こちらは検索するとすぐに出てくるので反対の方は参加してみるのもいいでしょう。賛成の方は別ですが、反対の意見を持っている方は行動を起こすしかないので積極的に動くのは有効といえます。

 

ねねねの感想

戦争をしたくない気持ちは誰でも一緒です。

私も絶対に嫌ですね。

ただ、仮に憲法9条を掲げてても攻めてくる敵国には全く関係ないことです。無論、そういった相手がいればの話ですがね。相手がいたらの話ですが、日本に戦う意思がなくとも関係なしに侵略してくる可能性だってありますよね。

そういった時に無防備ではちょっとまずい、という気持ちもあります。

個人的には賛成の部分も反対の部分も理解できます。安保法制が成立したからといって戦争ができるわけではないですが、関わることで日本が標的になる可能性は上がるでしょう。

ホントに難しい問題ですが、この成立の可否が日本の未来を決めるといっていいでしょう。国民全員が強い意識をもって意見を出したい問題といえるでしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る