手が届きやすく使いやすいジェネリック家具?メリットとデメリットは?

近頃声を聞くようになったこのジェネリック家具という言葉です。

デザイナー家具は誰もが憧れる家具ですが、誰もが購入できるような価格ではないですよね。欲しくても手が届かないと泣く泣くあきらめた方も多いでしょう。

しかし、もっとわたしたちの身近にデザイナー家具を実現してくれているのが、ジェネリック家具です。

今回はジェネリック家具について触れていきましょう。

ジェネリック家具とメリット

ジェネリック家具という言葉がよく聞かれるようになったのは、ここ最近ですね。

最初にジェネリック家具という言葉が使われたのは、2003年のことです。家具のみならず、医薬品の分野でも、ジェネリックという言葉を使われていましたが、お薬でも特許が切れた後に同じ効能の安いお薬をつくることができ、それをジェネリック医薬品と呼びます。

基本的にそれと同じです。

家具の場合は意匠権といいますが、ある一定の期間を過ぎた後に、同じデザインで他のメーカーが家具をつくることが許されています。

ジェネリック家具は、もともとこの名前がつく前には”リプロダクト品”という複製を意味する言葉で呼ばれていました。上記で述べたように、意匠権は切れており、ジェネリック家具といってもコピーをした違法な家具ということでないのでから安心して購入することができます。

ジェネリック家具は、本来なら100万円以上するようなデザイナーの家具であっても、本来の価格の8分の1程度の価格で購入することができます。

価格面でも、とても魅力的なジェネリック家具ですが、現代のわたしたちの日常生活でも使いやすいような工夫もされています。

はじめてジェネリック家具として作られたバルセロナコーヒーテーブルを例にとってみると、正規の家具の場合には、スチールメッキでテーブルのバーがつくられていましたが、スチールメッキにはさびやすいという特徴があるために、ジェネリック家具ではステンレス製となっていて、使いやすくなっています。

オリジナルとは異なってしまいますが、実用性が向上しています。

また、ネイビーチェアの場合には、正規品はアルミ製でしたが、ジェネリック家具では使いやすいPP樹脂というプラスチック素材に変更されています。PP樹脂になったことで、耐久性も増して、長い間身近に使いやすい家具として愛用できます。

最近ではインターネットが充実し、ジェネリック家具が手軽に購入できるようになってきています。

スポンサードリンク

デメリットについて

メリットが多いですが、デメリットもあります。

最大のデメリットは”ジェネリック”である点ですね。

本物ないことが気に入らない人もいますし、店の管理にも心配があります。正規品は管理が安定していますがジェネリック家具は店舗によって管理が様々です。

また、ジェネリック家具は正規品とはちがってメイドインチャイナのものもあるので、正規品のような精緻なつくりではないこともあります。

購入する際はサイトなどで確認してください。

大手のサイトで購入することをおすすめします。デメリットは少なからずありますが、家庭のみならず、有名企業で大量購入されています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る