抗日戦争勝利70周年記念式典の参加国が少ない現状|韓国は参加を表明

中国が9月3日に行う予定の抗日戦勝記念の軍事パレード。

8月22日と23日にそのリハーサルが行われました。パレードのために数か月間練習を重ねてきた中国兵の行進は見事の一言で、一糸乱れぬ姿は訓練のたまものでしょう。

さて、注目が集まる軍事パレードですが気になるのはその参加国です。日本に出席要請がありましたが、世界中では50か国以上に招待状が送られました。しかし参加を表明している国は少ないのが現状です。

参加国の現状について

中国が力を入れている抗日戦勝70周年記念の軍事パレード。

中国政府はこのパレードに世界各国のリーダーに招待状を送りました。その数は50か国以上で、盛大な式典を計画していました。しかし蓋をあけてみるとその思惑とは全く別の結果が。

2015年8月19日、中国メディアは中国政府が9月3日に予定している抗日戦争勝利記念行事の軍事パレードへ軍を派遣しての参加が決定したのは、5カ国のみであると伝えました。その後も中国は各国の首脳たちに説得を試みました。少しばかりではありますが、効果はあったようです。

8月21日に行われた中国記者会見では「参加国が10ヵ国を超えた」と述べています。

しかしこの記者会見ですが、本来は8月20日午前10時に開催されることになっていたものです。会見を1日遅らせたのはぎりぎりまで参加国を増やすための説得をしていたことがわかります。8月22日と23日にはリハーサルを行うことが決まっていたので、そのぎりぎりまで待ったということですね。

参加国についてですが、ロシアやカザフスタン、モンゴルやベラルーシ、キルギスといった国々が参加するとみられています。

ただ、まだまだ詳細な情報が出てこないですね。しかし日本は不参加で、アメリカにオーストラリアなども不参加を表明しています。英国も不参加となっており、いわゆる大国は大半が不参加となっています。

スポンサードリンク

韓国は参加を表明

ここで注目したいのは韓国です。

8月20日に韓国の朴槿恵大統領は参加を表明しました。韓国の大統領が中国の戦勝記念日の行事に出席するのは初めてのことで、朴大統領は今回の訪中で習近平国家主席と首脳会談を行い、さらに韓中日首脳会談の実現などについて話し合う予定となっています。

韓国の参加ですが、これには驚きの声があがっています。

というのも、アメリカは韓国に「出席しないよう」にように要請していたからです。とはいえ、直接発言したという事実はなく遠回しにそういった要請があったようです。しかし韓国はその後に中国政府から説得され、折れたようです。アメリカとしてはショックを受ける出席表明であり、これで韓国とアメリカの間にも溝ができることになりますね。

日本としてもこの出席表明には良い顔ができないですね。

韓国側は日米とは付き合わないという意思表示でしょうね。この表明にアメリカのネットでは韓国の対応に失望する声が多く聞かれました。今後の米韓関係から目が離せないところです。

しかし、個人的には韓国の判断はよかったと思います。これで日米とは完全に道を違えたわけですからね。

でも、韓国っていつ日本に勝利したのでしょうか(苦笑)

記憶が確かならば日本に勝利したのはむしろアメリカが中心だった気がしますけど。歴史を勝手に変えるのはいかがなものかと・・・

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る