改正マイナンバー法が成立!いつから施行されるの?

日本において重要な法案が成立となりました。

来年1月に運用が始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げる改正マイナンバー法と、改正個人情報保護法が賛成多数で成立しました。この成立には与党だけでなく、民主党も賛成票を投じています。

マイナンバーは日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り振る制度のことです。10月から国民への通知が始まる。行政機関などは、納税や社会保障給付に関する情報をマイナンバーで一元的に把握できるようになります。

マイナンバーについてはこちらの記事で紹介しているので参考にしてください。

改正マイナンバー法成立へ

改正マイナンバー法は2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適用することを柱とした法案です。

厳密にいえば「マイナンバーの利用範囲を預金口座や特定健康診査にも拡大する」というものです。

預金口座へのマイナンバー登録は預金者の任意とし義務付けは避けましたが、登録により税務当局や自治体は、脱税や生活保護の不正受給を減らせると見込みます。さらに、定期健診に予防接種といった情報とマイナンバーを結び付けると、引っ越しや転職をした場合でも、自治体や健康保険組合の間で健診情報を引き継げるという便利なものです。

個人の資産の把握は税務当局などが行うことで、脱税や年金の不正受給などを防ぐことが狙いです。

ただ、私たち国民としては不安があります。

それは以前に日本年金機構の情報が漏えいしたことです。あの漏えいからマイナンバーに対する逆風が強くなり、世論では圧倒的に反対の声が高まりました。

その点に関しては大丈夫です。今回の改正法では「日本年金機構の個人情報流出問題を受け、マイナンバーと基礎年金番号の連結は延期」となりました。

とはいえ、国民感情からしてみると年金以外だから絶対大丈夫とは言いにくいのが事実です。他の場所からの漏えいは怖いですし、マイナンバーは一度でも流出すると番号の変更が難しいのでセキュリティ面は万全にしてほしいところです。

気になる施行日ですが、マイナンバー制度自体は”2016年1月”から制度が始まります。

2015年10月1日から、通知カードが簡易書留で順次郵送されます。さらに、2018年から金融機関の預金口座にもつけられるようにもされます。

スポンサードリンク

ねねねの感想

正直なところ首をかしげます。

個人資産がスケスケになるということですよね。それに流出するのはとても怖いです。前回の年金機構の件があるのでどうしても他の施設でもセキュリティが心配になりますよね。

毎回こういった重要な法案の度に思うのですが、国民の意見を取り入れてもらいたいですね。

確かに政治家を選出したのは国民ですが、前回の流出から不安感を覚えていないのが怖いです。もう少しセキュリティが万全になった、とアピールをしてから通してもよかったのではないでしょうか。というか、預金口座まで監視されるのはちょっと怖いですね(苦笑)

仮に、宝くじが当たったら税務当局にバレるってことですよね?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 要らねー。
    • 2015年 9月 03日

    反対‼️反対‼️ 情報ほしい人なんか沢山いる。どうやっても仕入れようとするでしょ。政治家、自分達の身銭削れ。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る