政令指定都市のメリットとデメリットをわかりやすく説明します

LINEで送る
Pocket

政令指定都市を目指している地域は多々あります。

2015年5月現在では20の都市が政令指定都市になっていますが、ここで疑問があります。

どうして政令指定都市を目指すのか、というものです。それはメリットがあるからですね。しかしメリットと同時にデメリットも存在します。

今回は「政令指定都市のメリットとデメリット」について説明しましょう。

 

政令指定都市のメリット

この政令指定都市は他の地域とくらべて何が違うのでしょうか。

政令指定都市の良さは一言で言うと本来、都道府県で行われる行政の一部が移譲され、独自で運営できることでしょう。税金の使い道を独辞典決定、実行できることです。

政令指定都市とは一言で言うと、県と同じくらいの権限を持った巨大な市のことです。

例えば、道路の整備をしたり交通網の充実化、公共施設の建設。このような仕事は税収の中で運営するには、県や国への届け出や許可が必要です。そうなると、どうしてもかなりの時間と年月が必要になってくるわけです。

しかし、政令指定都市の場合は、独自の判断に依るところが大きいので、スピード感のある決定と実行が可能になるのです。

そうなると市民の意見も反映しやすくなりますし、安心、安全で楽しく明るい街作りが現実味を帯びてくるのです。充実した教育も同様です。本来、県教育委員会が任命してきたら教職員の配置も政令指定都市の判断で行えるようになります。

これも理想的な教育現場の形成に役立つと同時に、子供達への理想的な教育環境を整えることができるのです。このようなことば地方への権限移譲として、議論されてきました。

それが政令指定都市では可能なのです。

 

スポンサードリンク

デメリットについて

メリットは大きいですね。

では、デメリットはあるのでしょうか?

敢えてデメリットと上げるなら都道府県でとの二重行政による”無理と無駄”がおきやすいということでしょうか。大阪都構想という案があったのをよく覚えていると思いますが、あれも元々は二重行政を正すことが目的でしたね。

政令指定都市というのは都道府県と同格に使われるため、これまで都道府県が行っていたような業務を行う権限を持つようになります。

ざっくり言ってしまうと「県の中に県が出来るようなもの」です。

これは揉めるのも当然のことで、大阪の場合はそれが表面化したことで選挙となりました。これは大阪だけでなく、別の政令指定都市でも二重行政が問題化されるようになり、今後はこの二重行政をどうするのか、が焦点となってくるでしょう。

デメリットも大きいといえますね。

ただ、それを差し置いても政令指定都市の担える権限が広いため、理想的な都市作りが可能で目指す都市が多いのが現状です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る