政府が掲げるポイントカード一本化に賛成する意見を紹介

LINEで送る
Pocket

総務省から出たポイントカード一本化案について、今回は賛成意見を募集しました。

メリットもデメリットもある案ですが、賛成意見はどういったものでしょうか。ちなみにですが、反対意見についての記事はこちらです。

早速、見ていきましょう。

ポイントカード一本化で利便性と還元を

ポイントカード一本化には賛成です。

今は何種類ものポイントカードを使い分けなければならず、ポイントを使える店も当然カードごとで異なっています。結局どのカードも中途半端にポイントがたまったまま、実際に使う機会があまりない状態になっています。

既にTポイントカードなどは買い物履歴情報を収集しているわけですし、たとえマイナンバーカードで一元管理されたとしても知られて困るような買い物情報は私にはないので、利便性や還元率の高さの方が勝ります。

ちょうど「今存在するすべてのポイントカードがTポイントカードになったらよいのに」と思っていたところなので、誰かが主導して率先して一元化に向けて実現してくれることはありがたいです。

その誰かが政府であっても企業であっても、どのみち特に秘密にしておくような情報ではないので構わないというところです。

ポイントカード一本化には賛成したいと思います

今や国民の大半が、何らかのポイントカードを使う時代となっています。

ポイントカードは色々なメーカーなどが発行しているので、無数とも言える数になっています。ですからお財布の中がポイントカードでいっぱいになり、お財布が太ってしまっている人が多いはずです。

このままほっておくと、ポイントカードは増大の一途をたどりかねませんから、どこかで歯止めをかける必要があると思われます。

ですから私としては、政府がポイントカードを一本化するのもいいのではないかと考えます。

ポイントカードが一本化すれば、お財布の中がすっきりとするだけでなく、今は別々になっているポイントが一つになる事により、利便性が向上する事になるはずです。そうすればポイントカードの利用がしやすくなりますので、国民にとって大きな利益になると思われます。

スポンサードリンク

条件付きで賛成

ポイントカードをマイナンバーカードに一本化という話が出ていますが、私は条件付きで賛成です。

その条件とは、ポイントを国の機関が勝手に見ないこと、そしてそこから税金を取らないことです。外れ馬券は経費か否かの裁判がありましたが、これでもわかるように、国はとんでもない屁理屈で税金を取ろうとすることがあります。

これがビックカメラのポイントだったり、航空会社のマイレージに適用されたらとんでもないことになってしまいます。

ポイントを得るためには経費が掛かっているのに、その経費を無視して、貯まったポイントを収入として純粋に課税されてしまうと、ますます日本経済に閉塞感が出てしまうでしょう。

ただ、賛成か反対かとは別の問題でこれは無理だと思います。ポイント制度でサービスを実施しているのは、当然国内企業だけではありません。それら有象無象のポイントを一本化出来るのか。しかも国が管理して。となるとまず絵空事でしょうね。

一本化出来るなら便利だけど

現在、色んな企業が独自にポイントを付与し、ポイントカードを発行してサービスをし、リピーターになって貰おうと必死ですが、そのおかげで利用者は何枚ものポイントカードを所持、管理しなければならず、非常に煩雑で面倒なことになっています。

もしこれらが全て一本化出来るのならそれに越したことはないので、一応立場としては賛成です。

しかし当然不安もあります。これは散々言われていることですが、一カ所に情報が全て集約されてしまうと、その情報が漏れたとき、またはエラーが出て数字が合わなくなったとき、とんでもなく大きな被害になってしまいます。

こういったことは機械的エラーもそうなのですが、ヒューマンエラーが最も多く、本来持ち出してはいけない資料を持ち出したとか、マル秘情報を机の上に出しっぱなしだったとか、そんなことで漏れてしまうんですよね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る