文春は”やりすぎ”なのか?大スクープ連発はすごいけど恐怖を感じる人も

LINEで送る
Pocket

2016年は年明けから騒々しい日々が続いています。

具体的には「人気グループの解散報道、人気タレントの不倫騒動、大臣の賄賂」ですね。2月2日には元大物野球選手が逮捕されるという事態になりましたが、実はこちらも、発端は一昨年にある雑誌がスクープしたからです。

あえて名前とかは出さなかったけど、わかりますよね(笑)

これらの大事件をスクープしたのは”週刊文春”でした。

これは本当に凄いですね。どこから情報を仕入れるのか謎ですが、他の雑誌に比べて信ぴょう性が非常に高いです。

巷では「文春はすごい」という声が上がっていますが、中には「LINE画像の流出とか、流石に文春はやりすぎ」という声もあります。この辺りについて考えていきたいな、と思います。

文春は”やりすぎ”なのか?

2016年は週刊文春がスタートダッシュを切っています。

その勢いは飛ぶ鳥を落とすというか、現在進行形で落とし続けていますね。しかしスクープの内容を見てみると、ちょっと危険なもの、首をかしげるものが含まれています。

具体的には2つです。

☆人気タレントの不倫報道のLINE画像

☆大臣の賄賂疑惑の撮影について

まずは「人気タレントの不倫報道」について考えていきましょう。

人気タレントのLINE画像流について

こちらは確かに不倫した両者が悪いのは明白ですが、ひとつ焦点となっているのが「LINE画像の流出」です

厳密には誰がリークしたのかは不明ですが、プライバシーの侵害となってしまう恐れがあるでしょう。不正アクセス禁止法というものがあり、リークした人はこちらに抵触する可能性が高いです。

とはいえ、難しいのは不正アクセス禁止法に抵触するためには、勝手にログイン情報等を利用してログインすることが必要となっています。LINEはその性質上、ログインを経ずにアクセスが可能です。

その場合は”不正アクセス”とは言えないのです。

ただ、あくまでも可能性の話です。

上記の不正アクセスはリークをした人に適応されます。文春の行動は記事にして世間に広めたことで、簡単にいえば”プライバシーの侵害”とみなされるでしょうかね。

大臣の賄賂疑惑の撮影について

続いては大臣の賄賂についてです。

こちらは某大臣が後に辞任することになったのですが、少し考えたい事件ではありましたね。

ある会社の人が大臣に現金を渡したとリークした問題です。

一見すると別におかしなことはないように感じますが、多くの方が首をかしげるのは「盗撮あり、録音ありの告発」でした。まるでワナに掛けようとしていると感じました。

これを報道したのも文春でした。

ネットでは「文春の回し者では?」などと変な勘ぐりをする人もいました。

ですが、それはないみたいですね。単純にリークした人が文春にネタを提供しただけのようです。

スポンサードリンク

ねねねの感想

最近の文春は恐ろしさを感じるくらい凄いですね。

しかしLINE画像についてはちょっとやりすぎと言われても仕方ないでしょうかね。とはいえ、別に不倫を行っていた両者を擁護するわけではないですよ。

大臣のほうもリークをした人物が謎の行動で、罠に嵌めようとしていた印象を個人的に受けました。

こちらはリークした人が文春に話を持っていったことで発覚しましたので、文春には特別問題はなかったように感じました。

文春はスクープ連発が凄いです。ネットを見回しても、某掲示板にyahoo知恵袋などでも文春のスクープ力に恐怖を感じている人がチラホラいます。多少やりすぎるな部分も叩かれていますが。

果たして次に狙われるのは誰になるのでしょうか・・・・

芸能人からしたら恐怖でいっぱいかもしれないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る