日本で最初にできたコンビニはどこなの?

今回はちょっと気になるこの情報。

日本で最初にできたコンビニについてです。こちらですが、意外と気になりますよね。今では当たり前となったコンビニですが、最初にできたのはどのコンビニなのでしょうか。

個人的にも凄い気になりました。

日本で最初にできたコンビニは?

気になるのがどこのコンビニか、ですね。

多くの方がセブンイレブンを予想したことでしょう。日本で業界トップですし、歴史も古い印象を受けますからね。

ファミリーマート 1973年9月に埼玉県狭山市で開店
セブンイレブン 1974年5月に東京都江東区で「豊洲店」オープン
ローソン 1975年6月に大阪府豊中市で「桜塚店」オープン
サークルK 1980年3月に名古屋市天白区で「島田店」オープン
ミニストップ 1980年5月に横浜市港北区で「大倉山店」オープン
サンクス 1980年11月に宮城県仙台市で「八幡店」をオープン

ファミリーマートが最初だった?

実は違います。

コンビニの定義が曖昧なのではっきりと言えないのですが、セブンイレブンが営業を開始した1974年の3年前にコンビニらしきスタイルで営業を開始していた店舗が存在しています。

それが「北海道に店舗を構える”セイコーマート”」です。

1971年に営業が開始されたと言われています。

スポンサードリンク

コンビニの歴史について

じゃあ、世界初はどこのコンビニなの?

コンビニの発祥はアメリカだと言われています。

1927年に「サウスランド・アイス」という会社が、氷を売る売店に日用雑貨や食料品などを品揃えし、毎日営業を始めたのがそのルーツと言われていますね。

実はこの会社は、後に日本で馴染みのあるコンビニとなります。

この店は後に営業時間が朝7時から夜11時までということで「セブンイレブン」と名付けられアメリカで発展していきました。1971年には、多くの店が24時間営業を開始しました。

ただ、残念ながらアメリカでは1991年に経営破綻してしまいました。

この時にイトーヨーカ堂に買収され、日本の企業となりました。

簡単にまとめると、セブンイレブンはアメリカで生まれて発展しました。そしてその後に経営破綻をして、日本の企業が助けたことによって日本企業となります。日本企業となってからは順調に成長を遂げ、日本国内で最大のシェアを誇るコンビニとなりました。

こういったわけです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る