日本シリーズ2015は予告先発なしが決定|大方の予想通りソフトバンク有利か?

LINEで送る
Pocket

日本シリーズが迫ってきました。

2015年のプロ野球も終わりを告げようとしています。最後に控えているのが今年のチャンピオンを決定する日本シリーズですね。もっとも、今年はプレミア12が開催されるのでシーズン後も野球人気はしばらく続きそうですが。

さて、日本シリーズでは予告先発なしが決定となりました。

日本シリーズの展望ですが、多くの方の予想ではソフトバンクが有利と見ていますね。さて、どうなるのでしょうか。

日本シリーズ2015は予告先発なしが決定

日本シリーズの監督会議が10月23日、福岡ヤフオクドームで内で行われました。

そこでシリーズでの予告先発をしないことが決まりました。ソフトバンクの工藤監督は予告先発を提案しましたが、ヤクルトの真中監督がこの提案を拒否しました。最後まで真中監督が譲らず、予告なしで押し切った形となりました。

意見が割れたので工藤監督はジャンケンの提案もしましたが、真中監督はこれも拒否しました。

パ・リーグではずっと予告先発でやっているので工藤監督の提案は当然でしょうが、真中監督の判断は結構正しかったと個人的にも思います。その理由は下記で説明します。

ちなみに日本シリーズには予告先発の規定はなく、近年は監督会議の申し合わせ事項として取り入れられていました。基本的に両監督から提案がない場合は予告先発は行われず、今回のように合意できない場合も同様となります。

さて、真中監督の判断が正しいと思った理由ですが・・・

ソフトバンクのほうが有利だと思うからです。

パリーグを圧倒的な強さで制したソフトバンクは投手力も打撃もトップクラスで、接戦で勝ち上がってきたヤクルトの苦戦が予想されます。なので、先発を告知しないことも駆け引きのひとつでしょう。

スポンサードリンク

予想ではソフトバンク有利

さて、ここでちょっと展望を。

今年の日本シリーズはヤクルト対ソフトバンクという組み合わせになり、新人監督同士の戦いとなります。また、ソフトバンクは球団初の2年連続日本一に挑みます。

どちらもペナント優勝した球団ということもあり、ファンは納得のシリーズとなるでしょう。

試合ではソフトバンクの有利が予想されています。

シーズンをぶっちぎりで優勝し、クライマックスシリーズをあっさりと勝ち抜いてきました。その圧倒的な強さは野球ファンならば誰もが認めるところでしょう。

対してヤクルトは混戦のセリーグを突破してきた接戦に強いチームです。

打撃力だけをみれば互角でしょうが、投手力と総合力ではソフトバンクのほうが一枚上手でしょう。個人的にもソフトバンクのほうが上手だと思います。

打撃の強さとリリーフはどちらも盤石なので、先発投手の勝負となりそうです。ヤクルトがソフトバンクの先発投手を打ち崩すことができれば、一気にいけるのではないでしょうかね。

まあ、それでもソフトバンクのほうが有利だと思います。ホームで4試合できるという点も有利な点といえます。

熱戦を期待したいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る