早明戦 ラグビー2015の速報結果|関東大学対抗戦の順位一覧

ラグビー関東大学対抗戦の最終日、伝統のラグビー早明戦が行われました。

大注目の戦いは行き詰まる熱戦となりました。

早稲田大学が3年連続の勝利を手にするのか、あるいは明治大学が3年ぶりの対抗戦優勝となるのか。試合前から様々な予想が飛び交い、ファンも熱くなっていましたね。

 早明戦ラグビー2015の速報結果

大学ラグビーの関東大学対抗戦は12月6日、最終日を迎えました。

3年ぶりの優勝を目指す明治大学が3連覇を狙う早稲田大学を32―24で下しました。また、別会場で行われた慶応大学と青山学院大学の戦いは慶応が勝利しました。

早稲田大学 24-32 明治大学
前 12-22
後 12-10

慶応大学 51-20 青山学院大学
前 17-20
後 34-0

対抗戦は勝敗数が同じなら同じ順位となるので、帝京大と明大が6勝1敗で同時優勝となりました。

明大は前半40分の成田のトライで10点のリードで折り返すと、後半も早大の反撃を振り切った形で逃げ切りました。

12月13日に始まる全国大学選手権第2ステージには直接対決で勝った帝京大が1位で、明大が2位扱いで出場します。3位の筑波大、4位タイの早大と慶大も出場します。

日本代表ラグビーが脚光を浴びたことで大学ラグビーも例年よりも大きな関心を集めました。今後、日本ではさらにブームとなる可能性がありますね。目が離せない競技となりそうです。

スポンサードリンク

ラグビー関東大学対抗戦2015 最終順位

順位 大学名 成績
1 帝京大学 6勝1敗
1 明治大学 6勝1敗
3 筑波大学 5勝2敗
4 早稲田大学 4勝3敗
4 慶應義塾大学 4勝3敗
6 青山学院大学大 2勝5敗
7 日体大学 1勝6敗
8 立教大学 7敗

このような結果となりました。

全国大学選手権第2ステージには直接対決で勝った4位タイの早大と慶大までは出場します。ちなみにですが、直接対決を制している早大が4位出場となり、慶大が5位となります。

ラグビー早明戦の対戦成績

早明戦の対戦成績ですが、今回で明治大学の37勝52敗2分となりました。

2015年 早大 24-32 明大

2014年 早大 37-24 明大

2013年 早大 15-3   明大

2012年 早大 33-32 明大

2011年 早大 18-16 明大

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る