普天間基地移設問題の現状と個人的な意見を述べる

何年も名前を聞きながらも、はっきりしない普天間基地移設問題。

周辺に民家や学校、病院などの公共施設が密集し、世界一危険な基地といわれる沖縄県宜野湾市にある米海兵隊の普天間基地です。辺野古移籍で話題になっていますね。

名護市辺野古地区への移設計画が持ち上がって20年近くなりますが、政府と地元の対立が続き、将来の見通しがはっきりしない状況が続いています。何故このような事態になったのでしょうか。

歴史を振り返りながら、考えてみましょう。

普天間基地移設問題の現状

普天間基地の移設計画が浮上するきっかけとなったのは、1995年の米兵による少女暴行事件です。

沖縄県民の反基地世論が一気に高まり、1996年に日米政府が普天間基地の移設で合意します。住宅密集地に中にある普天間基地で米軍機の墜落事故がたびたびあったことも、日米政府の合意を後押ししました。

辺野古が正式に移設候補地に浮上したのは97年です。これに対し、名護市民は激しく反対しました。住民投票で反対票が過半数を上回りましたが、当時の名護市長は地域振興策の提示を受け、自らの辞職と引き換えに受け入れを決定します。

当時の大田昌秀沖縄県知事は住民投票の結果を重視し、受け入れ反対の意向を表明しました。

しばらく膠着状態が続いたあと、99年になって当時の稲嶺恵一沖縄県知事が受け入れを表明しました。しかし、受け入れには2つの条件が付いていました。

☆飛行場の軍民共用

☆15年という使用期限

沖縄県としては危険な普天間基地の移設を進めたいが、基地の固定化を嫌がる県民感情に配慮し、ぎりぎりの妥協点を提示したわけです。

ただ、米軍はこの条件に納得しませんでした。15年後の軍事情勢を見通せないというのが理由です。政府も米国に配慮し、沖縄に前向きな回答を示しませんでした。このため再び膠着状態が続きますが、2004年の米軍ヘリ墜落事件を契機に辺野古沖に新基地を建設するという方向性だけは確認されました。

転機があったのは2009年です。

政権が自民党から民主党政権になると、当時の鳩山由紀夫首相は県外移設を打ち出しました。これによって辺野古移転計画が白紙に戻りました。

鳩山首相は鹿児島県の徳之島への移転を考えていたようですが、しかしこれは実現せずに、最終的に米国と辺野古移転の共同声明を発表します。県外移設に期待していた沖縄県は反発し、移転計画は振り出しに戻りました。期待をして裏切られたことで怒りと絶望が一気に広がりました。

2012年に自民党に政権が戻り、安倍晋三首相が登場すると再び辺野古移転に向けて動き出します。県内移設反対を表明していた当時の仲井真弘多知事は政府に押し切られ、移転に伴う海面の埋め立て計画を承認します。

その後、2014年の知事選で移転反対派の翁長雄志知事が登場、政府と激しく対立するようになりました。

沖縄県は在日米軍基地の70%以上が沖縄に集中している実態から、負担の一部軽減を強く訴え、辺野古移設に反対しています。米軍は海兵隊をアジア各地に派遣するのに沖縄が絶好の場所であることから、沖縄での基地存続を希望しています。

2015年現在、現状では話は振り出しに戻ってます。

賛成派と反対派がぶつかり、相変わらず意見は平行線となっています。実際には少し進展しているのですが、20年間で考えると進展は”ほぼナシ”と言っていいでしょう。

どうやって沖縄の負担を減らすか、1日も早く普天間基地の移転を実現するにはどうすればいいのか、国を挙げて真剣に考えないといけないでしょう。

スポンサードリンク

個人的な意見

こういう状況ではどちらかが妥協しなければならないでしょうね。ただ、どのような形でどちらが折れるのかによって今後の情勢は一気に傾きます。

この問題の根底にあるのは沖縄の人が米軍に対する不信が原因のように感じます。確かに米軍人絡みで多々問題が起こっていますし、事件も多発しています。どこに移設してもこの問題がある限り不安は残るでしょう。問題に拍車をかけるようにオスプレイなどの配備です。

米軍に罰則の強化を提示するというのはどうでしょう?

根本的な解決にはならないでしょうが、犯罪行為が激減することは確実でしょう。

とはいえ、これも一時しのぎでしかないのですね。最終的にはどちらかが折れるという決着以外にはないでしょう。しかし沖縄にばかり責任を負わせるのもどうかと思います。

沖縄の人々が怒って日本から独立する、と発表などしたらそれこそ大変です。

現状では沖縄以外に基地を置くと言う都道府県はないでしょうし、ヘソを曲げて独立をして中国のほうに寄って行ったら、と考えると恐ろしいです。慎重な議論が求められますが、最後には政府の駆け引き次第でしょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る