最高の親孝行の方法について|本当の親孝行ってどういうものだろう

親孝行がしたい。

そういった気持ちが芽生えるのは20代になってから、あるいは30代になってからという人が多いでしょう。10代ではどうしても親に反発してみたり、親が養ってくれて当然という気持ちがあります。

しかし、いざ親孝行したいと思っても既に会えない状況ということも珍しくないですね。今回は4名の方に「最高の親孝行は何だと思いますか?」という質問に答えていただきました。

一番の親孝行とは

私が思う一番の親孝行は私自身が経済的にも精神的にも自立して幸せになることだと思っています。

普段している親孝行としてはお金を渡したり、母の日や父の日にプレゼントしたり、食事をご馳走したり、孫の顔を見せたりしていて、それは両親にとても喜ばれています。ですが、最も親孝行だと思うのは私自身が健康で幸せな生活を送ることだと思っています。それは私自身が子どもを持ち、親になったから思うことでもあります。

物やお金をもらうことより何より、我が子自身が毎日明るく元気で過ごせること、それを望まない親はいないと思います。どれだけ年を取ってもずっと子どもは子ども、いつまでも大切で心配な存在なのです。

親からもそれが伝わってくるので、私自身はなるべく心配をかけないように、心配するようなことは言わないように気をつけています。

それが最高の親孝行ではないでしょうか。

親の立場からして

私の考える親孝行と、私自身二人の子供がいるのでその子供たちにしてもらいたい最高の親孝行は、まだ小さいのでまずは健康で元気にすくすく育ってほしいです。元気でいてくれることがなにより最高の親孝行です。

贅沢をいうならば結婚して孫を見せてもらいたいです。

私が子供を出産した時に母に孫を見せてもらうことができてこれが最高の親孝行だと言ってもらえました。自分の子供たちにも私より長生きしてもらって自分の人生を歩いていってほしいです。健康で長生きして孫を見せてもらう、これが最高の親孝行だと思います。

いろいろ言いましたが、正直なところ元気にすくすく育ってもらえばそれでも嬉しいですね。

スポンサードリンク

元気な孫の顔を見せる

以前、義母に「もっと親に頼っていい。それがうれしいから」と言われていました。

その後もあまり頼む事がなかったのですが、私が第二子妊娠時に切迫早産になり、2カ月入院することになりました。6歳の上の子がいたため、義母にお願いして泊まり込みで来てもらい、幼稚園の送迎や食事などのお世話をお願いしました。

最初のうちはすごく張りきっていましたが、子供が言う事を聞かなかったり、自分の自由がなくなったりしてストレスがたまり、私に対しての愚痴が多くなりました。直接私には言いませんが、主人にいろいろと愚痴っていたようです。

「自分が頼れって言ったのに」と思いましたが、私が迷惑をかけているのはわかっている事と、入院は長くても出産までという「終わり」がわかっていたので、それまでの辛抱だと思って我慢しました。

そして、第二子を無事出産しました。産後、当初の予定よりもかなり早く帰ってしまいましたが、今は何事もなかったかのように接してきます。特に孫と触れ合う時はとても嬉しそうです。義母に頼ったことよりも、無事に2人の孫に会わせられた事が親孝行なのだと思いました。

 

育ててくれたことに感謝

実家を出ては20年近くなり、両親も健在ではありますが出来る限り1カ月に2回は実家へ帰るようにしています。

元気な顔を見せることが最大の親孝行だと思っています。

実家に帰って特に何をするわけでもないのですが、母の手料理を食べながらと色々な会話をして、笑いもあり小言で良い合いをすることもしょっちゅうです。でも、それも親孝行の1つでもあると思います。

楽しく話をすること、両親に元気な顔を見せること、それが最高の親孝行だと思います。私にも子供ができましたが、問題を起こさず元気に育ってほしいと願っています。

そういえば、私が1人で戻るより子供を連れていくと大喜びします。孫を見せることも大きな親孝行ではないでしょうかね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る