未成年スノーボード男子の大麻使用選手って誰?2選手の名前があっさり判明

スポーツ界の不祥事が目立ちます。

野球賭博からはじまり、闇カジノなど世間を大きく騒がせました。その中にあって今度はスノーボード選手に大麻使用という報道が流れました。しかもこの選手たちは未成年ということです。

未成年スノーボード男子選手に大麻使用報道

全日本スキー連盟の強化指定を受けている未成年のスノーボード男子選手が、昨年12月の米コロラド州への遠征中に大麻を使用していたという報道が流れました。

日本ではスノーボードの人気が高まっていました。ソチ五輪ではスノーボードで日本が計3個のメダルを獲得して注目度がアップしており、日本の得意種目として数えられるようにもなりました。

その中にあって今回の報道です。

スキー連盟は当該選手が去年12月、アメリカ・コロラド州への遠征中に大麻を使用していた疑いがあることを把握し、今月上旬ごろから事実確認を進めてきたということです。さらに、際大会で実績のある別の未成年の男子選手も関与していたという情報があり、調査しました。

調査に対し、2人の選手が大麻の使用を認めました。

名前は未成年なので公表しない方針とのこと。とはいえ、未成年で実績がある選手といえば限られているのでちょっと調べれば簡単にわかりそうなものですが。2人の選手はどちらも全日本スキー連盟の強化指定選手で未成年です。

これに対して連盟はすぐに処分を下しました。

1:無期限の会員登録の停止

2:無期限の競技者登録の停止

3:強化指定の取り消し

4:JOC五輪強化指定選手の解除

これら4つの処分です。

今回の処分により、2人は「全日本連盟&世界連盟」が主催する大会には出場できないことになります。しかし、海外のプロ大会などには出場できます。

スポンサードリンク

2選手って誰なの?

さて、今回の大麻報道では未成年ということで実名は伏せられています。

しかし伏せたとしてもニュースで情報があまりにも出ており、はっきりいってわからない人も少ないでしょう。公式では流れていないのですが、恐らくは「角野友基選手」と「稲村奎汰選手」でしょう。

2人とも全日本スキー連盟の強化指定選手で未成年という言葉に符号する選手は他にはいないです。

平野歩夢選手はとても有名ですが、強化選手を辞退しています。

公式では触れていないのであくまでも可能性が高いと表現しておきます。

とはいえ、処分が重いのはちょっと意外だったかもしれないです。コロラド州では2014年1月に大麻完全合法化がなされており、アメリカでは酒よりも安全という感じの扱いです。

処分が重かったのは大麻の使用は21歳以上との規定があるためでしょうかね。未成年の使用はアメリカでもご法度とされていますし。

もっとも、日本では大麻は禁止なので処分を受けるのは当たり前のことですね(苦笑)

スノボは折角人気が出てきたところなのに、勿体ない・・・

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る