東京オリンピック2020のメリットとデメリットについて

2020年に開催が決定している東京オリンピック。

まだまだ当分先のことだと思っている人もいますが、それほど先のことではないです。意外とあっという間に訪れることでしょう。

こちらの東京オリンピックのメリット&デメリットについて今回触れていきたいと思います。

というのも、デメリットなどについては数年あるので今後そういった仕事に関わる人などは知っておいて損はないと思います。デメリットを知っているからこそ、今後はその改善などに向けて活動ができます。

 

東京オリンピックのメリット

メリットですが、当然あります。

その最大のメリットは「経済効果」ですね。

これは誰にでもわかることですね。東京に世界中から多くの人々が訪れます。これは選手だけでなく、応援だったり、コーチだったり、スタッフ関係者と多数です。こういった人々がオリンピック観戦のついでと言ってはアレですが、観光をしていきます。

当然のように大量のお金が落ちることになりますね。また、オリンピックで東京に来たことがきっかけで東京が気に入れば再び旅行で来ることもあるでしょう。

東京、さらには日本を世界に売り込むことが可能です。

メリットを簡単にまとめましょう。

☆観光客の増加

☆雇用が生まれる

☆東京オリンピックに向けて施設や交通手段が整備される

☆国民が盛り上がる

 

スポンサードリンク

デメリットについて

デメリットなどがあるのでしょうか?

基本的には「ない」と言いたいところですが、メリットばかりとは言えないのが実情です。

メリットしかないのであれば反対する人はいないでしょうし、反対したい人も理由なく反発しているわけではないのです。

メリットとデメリットは表裏一体です。

最大のデメリットとしては「大会そのもの」でしょう。

まず、大きな経済効果というのは非常に魅力的ですが、それはあくまで仮定の話ですね。実際にはそれを下回ってしまう可能性もありますし、実際に開始されてみないと何ともいえないところがあります。

それに、整備した施設のその後についても問題です。

オリンピックが決まると世界の各国でいろいろな施設がつくられますね。その作られた施設ですが、オリンピック以後もしっかりと活用しなければ勿体ないですね。また、治安の悪化に関しても問題といえるでしょう。

デメリットですが、これは東京オリンピックだけでなく「オリンピックを開催する上でのデメリット」といえます。

他の地域だったら大丈夫というわけではないね。

☆治安の悪化

☆オリンピック後の施設利用

☆経済効果に過度な期待

☆雇用が生まれるので多くの人が東京に集まって地方が人不足になる。

 

ねねねの感想

メリットもデメリットもあります。

しかしデメリットのほうはメリットで書き換えることができるものばかりですね。すでに東京オリンピックでは多数のスポンサーが付いており、資金面では大丈夫と思われますね。

日本は安全面では世界トップクラスの評価を受けているので、外国の方々も入りやすいと予想できます。

デメリットを消して、メリットばかりの東京オリンピックにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る