東京五輪のエンブレムが「ダサい」や「パクリ」と指摘されている件について

LINEで送る
Pocket

東京五輪は大丈夫なのでしょうか?

新国立競技場で揉めていた東京五輪なのですが、先日発表されたエンブレムでも炎上する騒ぎになっています。最初に発表されたときにネットでは「ダサい」という声が出ていたのですが、それからパクリ報道などにも波及していくことになりました。

世界中で東京五輪のエンブレムが騒動を起こしています。

今回はこのエンブレム騒動について考えていきましょう。

東京五輪のエンブレムについて

2020年に開催される東京五輪のエンブレムが7月24日公開されました。 

このエンブレムは「TOKYO」「TEAM」「TOMORROW」の“T”を、パラリンピックエンブレムは、普遍的な平等の記号「=」をイメージしたデザインとなっています。全ての人がお互いを認め合うことでひとつになれる。テーマは日本らしく「和の力の象徴」です。

デザインを担当したのは”ニャンまげ”の産みの親でもある、アートディレクターの佐野研二郎氏です。

佐野氏は、1964年のエンブレムをデザインした亀倉雄策の賞を受賞しておりうってつけの人物とされていました。グッドデザイン賞の受賞歴もあり、アートディレクターとしては日本で最高クラスの人物といえるでしょう。

こちらのエンブレムですが、賛否ありましたね。

センスがあるという意見もあれば、桜を全面に押し出したデザインのほうがよかったのではという意見があります。個人的にはエンブレムにさほど注目していていなかったので特別おかしいとは思わなかったのですが。

発表された当初は単純に賛否があっただけでした。

しかし、このエンブレム騒動はその後に大きな問題を抱えることになりますが。

エンブレムが「ベルギーの劇場にそっくり」という指摘がありました。一部ではパクリではないかという指摘もあります。

スポンサードリンク

パクリだったの?

突然飛び出してきたこの話題です。

ベルギーの劇場のロゴにそっくりではないかという指摘がでています。東京五輪のエンブレムはすべての色を混ぜ合わせるとできる黒で「多様性」を表現し、日の丸の赤を盛り込む和風テイストのものです。劇場のロゴは、リエージュ・シアターの「T」と「L」が白黒の2色で構成されている。

ベルギーのロゴがこちらです。

確かにそっくりといえばそっくりですね。ベルギーのテレビも「盗作か」などと報道していますし、日本国内からも疑問の声が噴出しています。

佐野氏はこの件について「その件についてお答えすることはできない。詳しいことは東京五輪組織委員会に聞いてほしい」とコメント出しました。真相の解明はまだまだ先になりそうですね。

個人的にはちょっと謎ですね。似てはいますが、あえてベルギーの劇場からロゴを持ってくる意味がわからないですね。佐野氏はこれまでもいくつもデザインをしており、わざわざ他国の劇場のロゴを盗用する理由がないと思います。

東京五輪&パラリンピック組織委員会の高谷正哲戦略広報課長は「国際的な商標登録の手続きを経てエンブレムを発表している。特に本件に関して懸念はしていない」とコメントしています。

国内外から疑問の声は出ていますが、ただ似たデザインになったという可能性も高いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 7月 31日

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る