東京五輪エンブレムの使用中止が決定!今後のエンブレム選定はどうなるのか

LINEで送る
Pocket

ゴタゴタが続いていた東京五輪のエンブレム問題。

ついに決断が下されました。

9月1日、組織委員会は使用中止の方針を固めました。これでエンブレムは白紙に戻されたことになり、今後はエンブレムの再選定作業に入るものとみられています。

ちょっと遅かったですが、英断だったのではないでしょうか。このままパクリ疑惑の残るエンブレムの使用するのは後々まで尾を引きそうでしたからね。

東京五輪エンブレムの使用中止が決定

2020年東京五輪の公式エンブレムがベルギーの劇場のロゴに似ていると指摘されていたこの問題に進展です。

大会組織委員会は9月1日、五輪の関係団体トップでつくる調整会議を開催しました。そこで佐野研二郎氏のデザインしたエンブレムの使用を中止することを正式決定しました。夕方には遠藤五輪担当大臣や舛添都知事らが出席する会議を開き、この問題について話し合います。

東京五輪では新国立競技場も決まったところから見直されるという事態になり、ゴタゴタが続いていますね。

この問題について少し振り返りましょう。

最初にデザインが表に出たのは7月24日です。佐野氏のデザインが発表されて数日すると、ベルギーの劇場ロゴのデザイナーである”オリビエ・ドビ氏”が自分のデザインと類似していると8月中旬に差し止め訴訟を起こしました。しかし、8月末に組織委員がこの問題について否定します。類似ではなく、さらに原案もあったと公開しました。

それが火に油を注ぐ結果となりました。

公開された原案にもパクリ疑惑が発生しました。

また、それ以外のところでも佐野氏には逆風が吹きました。サントリービールのキャンペーン商品として注目されていたトートバッグが他作品の模倣であると発覚。

こういったことが相次いで今回の”使用中止”になりました。

佐野氏の事務所は「広報担当者が社外にいるためコメントできない」としていますが、今後なにかしらのコメントが発表されることでしょう。

今回の問題解決についてですが、裏ではいろいろとあったようです。エンブレムはすでに街中で使われており、撤回するかどうかの悩みは強かったでしょう。スポンサーにしてみても早く解決してほしい気持ちがあったでしょう。

個人的にはこれでよかったのでは、と思っています。

スポンサードリンク

今後について

中止する方針を固めましたが、問題はその先です。

エンブレムを再び決めるわけですが、その手段はどうなるのでしょうか。報道されていないのでまだ不明ですが、すでに別の候補があるのでしょうかね。この辺りについてはまだ不明です。

一般公募か、それとも候補になった中から決定するのか。

恐らく今後については会見で発表があるでしょう。

どのように決定するのか不明ですが、次は批判のないようにしっかりと選択して欲しいですね。今回のエンブレム類似問題ですが、委員会で隅々まで調べていればわかったことでしょう。

このようなゴタゴタを続けると他国から不安視されてしまうので、慎重に決定してほしいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る