東京都の喫煙罰則化に「賛成ですか?反対ですか?」意見を聞いてみた|賛成編

2020年に開催が決定しているオリンピック&パラリンピックに向け、東京も罰則付きの規制で「禁煙化」をという動きが広がっています。

五輪開催都市は受動喫煙を防ぐために罰則付き法令を整備しており、都民にもたばこの規制強化を求める意識が広がっています。

さて、その喫煙罰則化について賛成か反対か、意見を聞いてみました。内訳ですが「賛成6人、反対2人、中立(どちらでもない)2人」となりました。賛成が多いようですね。

今回は罰則に賛成と答えた人の意見となります。

周知できるなら喫煙罰則に賛成します

喫煙罰則については東京都に限らず賛成します。喫煙家からしてみれば辛いことでしょうが、たばこを吸わない人にとっては迷惑でしかないことだし、路上を歩いていても吸い殻のゴミなどがどうしても目立ちます。

マナーを守って喫煙させている方もいらっしゃるとは思いますが、そうでなはない方がどうしても目立ってしまいます。

ただ、喫煙罰則をするのはいいのですが、どこが対象になるのかということを皆が周知できるようにしてもらわないと困ります。初めて訪れる旅行客なども「ここでは吸ってもいいのか、ここは駄目なのか」と、混乱させたくはないですね。

東京都全体の路上すべてが駄目、などということが分からないと罰則にも納得してはもらえないと思います。現に他の都市などでも似たように禁煙をしていますが、喫煙したら駄目な場所ということが分かりにくくて困っています。

東京都の喫煙罰則について

個人的には大賛成です。

東京たる世界を代表するような大都市が未だに喫煙制限をしていない事が不思議です。現在アメリカのロサンゼルスやニューヨーク、サンフランシスコなどの大都市では厳しい喫煙規制が敷かれており、建物内での喫煙はもとより商業施設やアパート、大学施設などの建物の周辺何メートル以内は喫煙禁止という法的規則があるのが当たり前になっています。

当然これらの規則を無視すると10万円単位の罰金が科せられる仕組みとなっており、大変な効果がでているようです。

これから東京はオリンピックが開催されるわけで、国際都市として喫煙者があまりにもマナーが悪い現在の状態は恥ずべき状況ですので、しっかりと今から喫煙罰則を施行して取り締まっていくべきだと思います。

東京都の喫煙罰則禁煙化に大いに賛成します

社会の至る所で禁煙化が進んでいます。

タバコと言うのは吸っている人が体を壊す可能性があるだけでなく、喫煙者の近くにいる人まで健康を害する恐れがあります。喫煙者だけでなく、非喫煙者までが悪影響を受けてしまうのです。喫煙者は自分が被害者になるだけでなく、非喫煙者を病気にするという加害者にまでなってしまう恐れがあるのです。

その事を喫煙者は理解しておらず、未だに街中に喫煙者が存在してしまっています。

ですから私は、東京都の喫煙罰則禁煙化に大いに賛成したいと思います。喫煙者には口でいくらタバコをやめなさいと言っても効かないと思いますから、罰則を設けて強制的に禁煙に持って行ったほういいと思います。

タバコと言うのは吸っている人だけでなく、吸っていない人にとっても百害あって一利なしと言えますから、一刻も早く罰則を強化して街中から喫煙者を失くして欲しいと思います。

スポンサードリンク

東京都の喫煙罰則について

東京都の喫煙罰則には賛成です。

歩きタバコなどの危険な行為には厳しい罰則が必要だからです。喫煙行為は周りの人に受動喫煙させることも悪いことですが、特に歩きタバコをする人も多くいるために、子供たちにとってはかなりの危険行為となります。

小さい子にとって歩きタバコは、ちょうど目の高さくらいの位置となるため、万が一子供たちに危険が及ぶことを考えたら大変危ないのです。そのためにも喫煙罰則の厳罰化、さらには歩きタバコの全面禁止をした方がいいです。

東京都だけでなく、それが全国に広まればもっと良いことだと思います。喫煙する人は自身のことだけではなく周りの人々に対する配慮を考えなくてはならないと思います。

推し進めるべき

タバコで痛い目に会っているので、タバコの規制には大賛成です。一度は歩きタバコをしていた著名人のタバコの灰が足の甲に落ちてきて、ストッキングに穴が開きました。

火傷ほど重症ではなかったのですが、熱いよりも痛い思いをしました。とっさのことで本人に知らせることもできず、うずくまってしまっただけでした。子どもが出来てからは、歩きタバコが子どもの顔の高さにきてヒヤリとしました。

怒り心頭です。

モラルに訴えたとしても、マナー違反は絶えないでしょう。罰則はあって然るべき。反対をするような人の理由は、自己援護でしょうかね。それとも目立ちたいだけなのか。東京で成功事例としてスタートし、全国に広めて欲しいと強く希望します。

東京都の喫煙罰則について賛成です

東京五輪を控えての喫煙問題だと思いますが、人が多く集まる場所での喫煙を避けるためには、罰則を設けることは仕方ないでしょう。

近年自分の勤務する会社でも喫煙時間が制限されていて、昼食での休憩時間以外は吸えなくなっています。会社の場合は罰則などはないですが、規則として通達されている以上守らなければいけません。東京都の場合は不特定多数の人を対象にするので、罰則を設定しないと喫煙をやめさせることはできないと思います。

都内でも一部の場所でタバコのポイ捨てに関して罰金をとるところがありますが、あきらかに効果がでています。喫煙する人にとっては場所がなくなってきていますが、受動喫煙の問題もあることからやむをえないと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る