東名高速道路に生卵投げつけた犯人の兄弟が逮捕|その自分勝手な目的とは?

LINEで送る
Pocket

驚きの事件は驚きの結末を迎えることになりました。

神奈川県大井町の東名高速道路にかかる橋から生卵500個を走っている車に投げつけたとして、会社員の男とその弟が逮捕されました。

兄弟での犯行ということは非常にビックリしましたね。最近はいろいろな事件もあり、低年齢化していることもありますが、兄弟での犯行というのは珍しいケースです。

しかし、どうしてわざわざ高速道路で生卵を投げつけたのでしょうか。

東名高速道路に生卵投げつけた犯人が逮捕

さて、まずはこの事件について振り返りましょう。

逮捕容疑は9月20日午後10時ごろでした。大井町赤田の東名高速上り線にかかる陸橋の上から、走行する車に対して生卵を投げつけ、車1台の屋根を傷つけたとしています。

通報があって署員2人が駆けつけると、犯人4人が橋のフェンスに上り、勢いよく生卵を投げつけていた現場を目撃。4人の方向に向かって走ってくる上り線の車だけに狙いを定めていたとのこと。

このあたりでは度々生卵が投げつけられるという事件が頻発していました。投げつけた生卵は約400~500個とみられ、フロントガラスが割れた車は40台以上にのぼり、車がへこむという被害を訴えた車が数十台出ました。

神奈川県警松田署は11月10日、器物損壊と暴力行為法違反の疑いで、21歳の会社員の男性と、18歳の高校3年の弟を逮捕しました。兄弟は「悪ふざけでやった」と容疑を認めているとのことです。

さらに、犯行に加わった残り2人は弟の友人であることが判明しています。

器物損壊と暴力行為法違反の容疑で弟の仲間2人も後日、書類送検する方針です。

目的は”悪ふざけ”だったようですね。

とはいえ、悪ふざけだけではない収まるはずがない内容です。東名高速道路ですから速度は出ています。生卵も20歳前後の男性の力で投げつけられると相当な凶器になることは容易に想像ができますね。

この事件ですが、例えば相手の車がオープンカーだったら最悪の事態も想定できます。それくらい高速道路では速度がでますし、実際フロントガラスが割れているという被害が出ていることからわかりますね。被害に遭われた方々もさぞビックリし、肝を冷やしたでしょう。悪ふざけでやっていい行いではないでしょう。

しっかりと罪を償って反省してもらいたいものです。

ちなみに逮捕まで約1か月半かかったことに関して、器物損壊罪は告訴が必要だからです。特に今回のケースは高速道路だったので遠方から来た人々のため確認が遅れたことが要因です。犯行があったのはシルバーウィークでした。

スポンサードリンク

ねねねの感想

危ない事件ですね。

ケガ人などの報告が出ていないことが救いでしょうが、あまりにも危ない悪ふざけですね。イライラしていたのか知らないですが、このくらいの年齢ならば自制をしっかりしてほしいです。

車の修理費は高額ですが、請求は兄弟に行くのでしょうかね?

それだけでもすごい金額になりそうですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る