東海地震が2015年4月12日に発生すると予言が?イルカ座礁は地震の前触れなの?

非常に恐ろしいうわさ話が入って来ました。

東海地震が2015年4月12日に発生するとあらゆるところで噂になっています。しかもその後、東京でも地震が発生するなどと言われています。

これはどうしてでしょうか。そして、ホントにうわさ話通りになってしまうのでしょうか?

 

ゲリー・ボーネル氏の予言

cached

事の発端はゲリー・ボーネル氏による予言でした。

実は前々から予言されていたことでした。4月12日に、日本で昔から噂されていた”東海地震”が発生するというのです。

ゲリー氏の本業はビジネスマンで、経営コンサルタントや広告・マーケティングの分野で有名な方です。アカシック・レコードという人類の集合意識体にアクセスして予言をする方です。

えっ、胡散臭い?

それはそう感じるでしょう。

しかしこの方は今までも多くの予言を的中させています。

☆阪神淡路大震災

☆同時多発テロ

☆東日本大震災

これらすべてを的中させています。非常に精度が高いです。

さて、ここで今回ゲリー氏の予言した正確な内容についてです。

1、2015年4月12日に東海大地震が発生する

東海大地震(伊豆沖、M9.2)が起こる。この地震がM7規模の群発地震を引き起こすと予言しています。

2015年の初期に、伊豆半島のトラフ海溝付近でマグニチュード9の地震が起こり、静岡県の伊東市辺りで最も強い揺れを感じるとの事です。

当たってほしくない。

2、東海地震の1週間後に東京直下型地震

予言には続きがあります。

東海地震が発生してからさらに一週間後、つまり4月19日です。東京直下型のマグニチュード8の余震が起こり、老朽化した建物やインフラ設備が崩壊するとしています。

これも当たってほしくない。

 

スポンサードリンク

地震の前兆「イルカ座礁」

いくら有名な預言者とはいえ、これまでは「どうせ適当だろ」と思っていた人も多いでしょう。

しかし4月10日午前、大量のイルカが茨城県海岸に座礁しました。

これによって流れが変わりました。

打ち上げられたのは、小型のクジラとして分類されることもあるイルカで、「カズハゴンドウ」です。その数は約150頭以上にものぼるとみられています。

ae05e3f1701c7a8f84c8c450345a8e3f_o

実は”イルカの座礁”と地震は大きな関係があります。

座礁したカズハゴンドウですが、東日本大震災の1週間前である2011年3月4日、約50頭が同じ茨城県に打ち上げられています。

信じたくはないけど、信ぴょう性がアップする情報ですよね。

この座礁でネットでは一気に「ヤバイ」という声が噴出しました。

 

ねねねの個人的な感想

ホントに勘弁してほしいです。

ゲリー氏には悪いけど確実に外してほしいですね。世紀の予言者よりも人命が第一ですからね。

外れてくれ(>_<)

とはいえ、完全に「嘘でしょ」と言い切れないのが辛いところです。東海地震に関しては昔から言われていることで、発生するのは確実と科学者たちが散々述べていますからね。

警戒しておくに越したことはないでしょう。

予言は信じたくない派ですが、偶然にしては一致していて怖い・・・

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る