梅雨空ってどういう空のこと?梅雨空と空梅雨の違いについて説明します

梅雨が近づいてまいりました。

6月といえば梅雨ですよね。梅雨前線の影響を受けて日本列島は雨季に入ります。あまり好きな人がいない季節でしょうかね。

さて、そこで気になるのが”梅雨空”という言葉です。今回はこの単語について触れていきましょう。

また、似たような言葉で”空梅雨”という単語もありますね。

違いはどこにあるでしょう。

梅雨空とは?

まずは梅雨空という言葉の意味について。

この単語ですが、文字通りですね。梅雨の時期の空一面を雨雲がおおっている空模様のことです。

梅雨の空を見た事がある人はよくわかると思いますが、厚い雲に覆われてすっきりしないあの空模様のことですね。どこまでもうす暗く、気分を暗鬱にさせる空ですね。あの空を眺めていると、さすがに

ちなみにこの言葉の季語は”夏”です。俳句などで使われることあります。

非常にジメジメした空のことで”梅雨空を吹っ飛ばせ”という言葉は結構有名ですよね。キャッチコピーとしては使われます。これは厚くてうす暗い雲を吹き飛ばす、という表現です。

梅雨を使った言葉では「梅雨の候」という言葉がありますが、こちらは梅雨時期に使用される 時候の挨拶のひとつです。

スポンサードリンク

空梅雨との違いについて

梅雨空とよく間違われる空梅雨。

これは「からつゆ」と呼ばれるものです。梅雨期間に雨の降らないことですね。梅雨の期間でありながら雨量がきわめて少ないことが空梅雨です。

梅雨前線の活動が例年に比較して弱かったり,太平洋高気圧が例年より早く発達し,梅雨前線を早期に北上させることによって起こることが多い現象ですね。

この判断ですが、実は9月に入ってからです。

6月梅雨入りしても雨が少ないと「空梅雨」という言葉を耳にしますが、これは間違いですね。雨は6月だけではなく、7月に入って急激に降ってくることがあります。この場合は時期がちょっと遅いだけで、別に空梅雨というわけではないです。特に昨今の日本では時期がズレることもありますね。

さて、最後にこの「梅雨空」と「空梅雨」の違いをまとめましょう。

梅雨空・・・雨雲がおおっている空模様

空梅雨・・・梅雨期間に雨の降らないこと

こうなっています。

意味合いは全然違いますね(笑)

梅雨は嫌いな人も多いですが、空梅雨となっては困る人も多いのでこれは良し悪しでしょうかね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る