横浜ベイスターズに優勝の気配が漂う?2015年シーズンは交流戦次第?

横浜DeNAベイスターズが絶好調です。

2015年シーズンも交流戦直前となりましたね。優勝というには話が早すぎますが、上位進出の鍵となるのが交流戦でしょう。今年は短縮されていますが、とても重要なものになるでしょう。

今回はファンの方に「現在ベイスターズが上位にいる理由と、交流戦の展望」をうかがいました。

 

98年優勝時のような力があるのか

横浜の原動力は筒香の活躍の一言なのですが、軸がしっかりしていることと、役割がしっかりしていることが強みになっているのです。

4番がドッシリとしていることで、他の打者も気持ちが動かないようになっています。

投手陣の田中投手、山崎投手もしっかりとしているので、その点も十分に戦えるようになっています。

山崎に繋げば勝てるという方程式を作っていますので、これから山崎や捕手の嶺井の研究をされてくると、今回の快進撃のような結果にはならないかもしれないです。データと言うのは不思議なもので、確率なので癖や感のようなものまで、結構当たってしまうのです。

けがの梶谷が返ってくると、また勢いを取り戻すようになると思いますので、これからは反撃されないように畳みかける打線が見たいですね。ロペスにバルティリスの外国人選手の活躍も、DeNAの快進撃を支えています。

今から交流戦に差し掛かって言えば、特に問題はないでしょう。

まだ緊張している部分があるので、疲れを感じないで体力も持ち続けて行くと思われます。問題は、終盤になってくると、ケガや疲れが溜まってしまい、前半のような動きが出来なくなってくることにあります。

巨人が終盤に強いのは、層の厚さがあるので、控え選手がどうしても活躍してしまうように出来ています。終盤の失速を含めて、交流戦も前半戦も貯金を出来るだけ増やしておくことが大事になってくるでしょう。もっと新しい力が出てくることを、期待しています。

 

スポンサードリンク

ベイスターズ大躍進の立役者・ルーキー山崎投手

5月16日終了時点で、横浜DeNAベイスターズは貯金11を積み上げて首位を走っています。ベイスターズがこれほど勝ち続けている事に驚きを隠せない人が多いでしょう。

ベイスターズが首位を走っているのは、4番・筒香選手を中心とした打線が好調である事も要因の1つですが、1番の要因は中継ぎ投手陣の活躍でしょう。7回と8回を田中投手とエレラ投手で繋いで、9回に守護神の山崎投手が締めるという勝ちパターンが確立されてから、接戦を確実に勝てるようになりました。

特に山崎投手の存在が大きいと思います。

8回まで1点でもリードしていれば、後は山崎投手が抑えてくれるという安心感がチーム内でも広がっていると思います。それぐらい今の山崎投手の投球はほぼ完璧な内容です。まるで98年の大魔神・佐々木投手を見ているかのようです。ただ、勝ち試合が続いているため、山崎投手の登板過多が心配です。

もうすぐ交流戦が始まりますが、交流戦もリリーフ陣を適度に休ませながら戦う事が出来れば、勝っていけると思います。

交流戦ではリリーフ陣の負担を減らすために、久保投手や山口投手などの先発陣に出来るだけ長いイニングを投げてくれる事を期待しています。

今後もベイスターズの戦いに注目です。

 

DeNAベイスターズが強いわけとは

私が思うにDeNAベイスターズが現在強いのは、打線の強さと最後まで諦めない粘り強さだと思うのです。

去年ではあまり見せられなかった打線が、今火をつけた感じに燃え上がっています。それもそのはず、打率ではセ・リーグ野手の上位に、何人かのベイスターズの選手がランクインしているのが事実です。

特に打線がここまで強くなったきっかけは、4番の存在と若手の成長だと思っています。

現在4番に居座っている選手、筒香選手は去年もそうでしたが、そのパワーが今年もさらに光っています。ホームラン7本に打率.329と絶好調です。

それと梶谷選手も打率を3割キープしており、さらには石川選手も打率3割となっています。ここまで打線が好調だと疑ってしまいますが、実際皆さん努力してここまでキープしているので、ここは信じた方が良いです。

しかも現在ではチームの貯金が10となっており、これは1998年以来、17年ぶりと言う事でとても驚いています。もう優勝気分でいますがまだ前半戦なので、これから何が起こるかわからないのが野球です。それに交流戦も待っているので、もしかしたらここで順位を落とす可能性もあります。

去年も一昨年も、交流戦で一気に負け越しをしてしまった球団もあるので、油断は禁物です。

それを防ぐためには野手もそうですが、投手にも闘志を燃やしながら、良いピッチングをしてほしいと思います。外国人選手のロペスやバルディリス、モスコーソやエレロも好調なので、この快進撃はどこまで続くのか本当に見ものです。

優勝を期待したいですが、ぬか喜びはしたくないです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る