次期横浜DeNA監督にラミレス氏が就任|コーチ陣も手腕も読めない

驚きのニュースが駆け巡りましたね。

横浜DeNAベイスターズは19日、新監督としてアレックス・ラミレス氏が就任すると発表しました。様々なパフォーマンスを披露し、野球ファンでなくとも知っている人が多いでしょう。

しかし監督としての経験はなく、全くの未知数です。これは非常に思い切った起用となりましたね。

次期横浜DeNA監督にラミレス氏が就任

前半戦首位ターンを決め、1998年以来17年ぶりの優勝が見えていた横浜DeNA。

前半戦は投打がかみ合い、また投手陣の奮起で首位を守っていましたが、終わってみれば62勝80敗1分けの最下位でシーズンを終了となりました。後半の大失速が痛かったですね。

DeNAの初代監督を務めた中畑監督は10月3日に今季限りでの退任を表明し、4年間の監督生活を終えました。本当にお疲れさまでした。

気になる新監督には球団OBでもあるアレックス・ラミレス氏が就任することがわかりました。ラミレス氏と2年契約で合意し、19日に正式発表され、近く就任会見が行われる予定となっています。

ラミレス氏は外国人選手で初となる2000安打を記録するなど日本野球も熟知し、様々なパフォーマンスとキャラクターで高い人気を誇っています。さらにラミレス氏自身も日本での指導者、監督に意欲を示しており双方の意向が合致した模様です。

人気が高く集客力のあった中畑監督の後でいろいろとプレッシャーはありますが、ラミレス氏の人気も非常に高いので人選としては面白いとの声が相次いでいます。

スポンサードリンク

コーチも手腕も読めない

個人的には期待しています。

今度どのように横浜を導くのか楽しみなのですが、不安要素がいくつかあります。

1、41歳と若いこと

2、指導者としての経験が皆無であること

まずは1から行きましょう。

ラミレス新監督はとても若いです。41歳というのは先日引退を表明した中日の山本昌投手よりも9歳も若いことになります。年齢がすべてではないですが、気になるところです。

2の理由は1にもつながります。

若いというだけでなく、監督の経験、あるいはコーチの経験が皆無という点も不安が残りますね。優秀なコーチ陣を構えるのは間違いないでしょうが、それでも経験不足の声はシーズンが始まってからもやり玉に挙げられそうですね。

要するに人気先行で経験不足の声が多くあるという点ですね。

これに関してはシーズンで結果を残していくしかないでしょう。もしかしたら41歳と若い監督を起用したことは今後の長期政権を見据えての考えかもしれません。球団側の真意は不明ですが、新しい風を取り入れたいという考えがあったのでしょう。

コーチの人選が鍵となるでしょう。

投手力を強化すれば横浜は上位に行けると思います。打撃だけなら非常に強力ですしね。まだまだ未知数ながら、その手腕に期待が集まります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る