歌丸師匠が年齢と体力不足を理由に笑点降板を発表、次の司会者を予想してみた

笑点ファンにとって非常に残念なnewsです。

司会の桂歌丸師匠が降板を発表しました。先代の円楽師匠の後をついで司会となり、すっかり笑点の顔として活躍していただけに突然の降板発表にはとても残念な気持ちになりますね。

お疲れさまでした。

歌丸師匠が笑点降板

落語家の桂歌丸師匠が4月30日、東京・後楽園ホールで行われた日本テレビの人気番組「笑点」の50周年記念スペシャルの公開収録に参加しました。

5月22日に行われる生放送で同番組の司会から降板することを発表しました。

4月30日の収録の最後にお知らせがあるとキリだし、そこで「5月22日の生放送をもって、大喜利の司会を最後とさせていただきます。若い方に譲らなければ、番組が続いていかないと思いますので」と、発言しました。

収録後の会見ではその理由を明かしました。

理由は”体力の限界”としています。

これ以上続けているとスタッフに迷惑をかけるという理由で自ら降板を決意したとしています。降板については昨年の秋ぐらいに話していたようで、夏場に長い入院をしたことがきっかけになったとしています。

大喜利メンバーには今年の1月に伝えていたようです。

歌丸師匠のコメント

「正直言いまして、寂しいですよ。それは寂しいです。50年間しゃかりきになってやって来た番組であり、私もこの『笑点』で名前と顔を全国的に売り出して下さった番組ですので。別に落語家を辞めるワケじゃありません。笑点の司会をやめさせていただきます。落語家は続けます。落語の方では負けちゃいられない」

と、落語家としての活動は続けるとのこと。

確かに笑点の場合は収録や移動などで私たちでは考えられない疲労も感じることでしょう。79歳になった歌丸師匠なので、年齢的にもきついのでしょう。

ずっと見ていた身としては寂しい気持ちですが、格好いい引き際だと個人的に感じました。本当にお疲れさまでした。

スポンサードリンク

次の司会は誰になるの?

では、笑点の次の司会は誰になるのでしょうか?

この後任司会については現在のところ決まっていない状況のようです。日テレは検討中としています。

年齢的には「林家木久扇」師匠が務めるのが普通でしょうか。

しかし木久扇師匠は自由奔放というスタイルであり、司会という役回りはあまり向いていないのではないかというのが大方の見方でしょう。前に代役でやったときは面白かったですが、常にあのスタイルで行うのは難しいのではないでしょうか。

後任で可能性が高そうなのは円楽師匠でしょう。若いですが、昇太師匠もおもしろそうですね。

◎円楽師匠

〇昇太師匠

△木久扇師匠

これが個人的な予想です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 5月 01日

    後任ですが、私は幸楽師匠か小遊座師匠になるかも知れないと思います。え

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る