正社員の副業・兼業の本格解禁に賛成or反対意見を聞いてみた|反対意見編

LINEで送る
Pocket

政府が副業を推しています。働き方改革の一環として正社員の副業や兼業を後押しすることが報道されています。具体的には正社員の副業&兼業の解禁です。

賛成意見はこちら

今回は反対(賛成できない)と答えた2人の方の意見を紹介します。反対というか、全面的に賛成できないという意見になります。

副業解禁によって困る会社もあるんじゃないでしょうか

副業解禁の賛否について考える時、一番問題になってくるのはその社員が勤めている企業の給与体系だと思います。

能力給の職場であるのならば、いくら副業をしようが会社にはあまり関係ないような気がします。副業によって本業がおろそかになっても、会社はそれほど困らないでしょう。その分給与を減らせばいいだけですから。その意味で解禁はOKだと思います。

一方固定給の職場の場合、やはり副業解禁はやるべきではない、と思います。副業によってどれだけ本業がおろそかになっても社員の給料は減らないわけですから、会社側にとっては大きな痛手になるでしょう。

副業解禁は、たとえ社員や日本経済に利益をもたらしても、その一方で困惑する企業も多いのではないでしょうか。そんな事を考えると一概に賛成反対は言えません・・・

スポンサードリンク

兼業はいいけれど副業には疑問を感じます

兼業解禁には賛成です。

が、副業については疑問です。これまでもこっそり副業している人、というのを何人か見てきて、会社側にばれないよう確定申告していたようですが、皆お小遣い稼ぎ程度でした。副業を正直に申告することで、本業での査定などに不利な扱いがあるのではないかという心配もあります。

副業を認めることで、社員のスキル向上が期待できて、本業にもメリットがある、という意見もありますが、生半可な副業ではそれほどの効果はないように思うのです。

一方の兼業は、古い例ですが、会社勤めをしながら農業をする、というようはどちらもしっかり本腰を入れる、というイメージがあります。

フレックス勤務を導入して、兼業OKにするなら、相乗効果が期待できそうに思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る