歩きスマホの事故減らず、歩きスマホを狙った当たり屋も出現しているので注意を

日本はではガラケーの生産が終わり、これからは「スマホ」の時代が到来します。

スマホの普及率はいまや携帯電話利用者の50%まで達していますが、便利に使えるスマホだからついつい歩きスマホをしてしまう、そんな経験もあるでしょうか。スマホの普及と比例して歩きスマホの事故は増え続け、注意喚起をしているといっても減少したとは言いがたい情勢です。

歩きスマホしている人を狙った当たり屋の存在もあって、スマホの利用にはこれまで以上に注意を払うべき時が来ているでしょう。

東京で歩きスマホで怪我する人は毎年30人以上

東京は都道府県のなかで、最もスマホ利用者が多い地域です。

それだけに毎年のように歩きスマホに係る事故が絶えません。東京消防庁の調査によりますと、平成22年から26年までの5年間で歩きスマホが原因となり緊急搬送された人は152人もいます。平成24年以降は毎年30人以上が怪我をして運ばれています。

年代別では20代から40代の歩きスマホでの怪我人が多く、特に40代が突出しているという状況です。若者が多いという印象でしたので、これはちょっと意外なデータですね。

仕事で歩く時間を惜しんでスマホを利用している時に、ぶつかったり転んだり転落して怪我をしてしまう、そんな状況が見えてきます。8割方が軽症で済んでいますが、2割が中程度から重症の患者となっています。

ちょっとくらい大丈夫だろうという安易な気持ちが、重大な怪我につながっていると言えますね。

怪我をする場所としては80%が道路や交通機関となっています。道を歩いている時や、人でごった返した駅で歩きスマホをしていて、怪我をする傾向がありました。この統計は東京都内のみでのことですが、全国でも同様に歩きスマホで怪我をする人が続出しているのです。怪我をしては仕事ができなくなってしまいますよ。最新の注意を払って歩きスマホは控えていく、またスマホを使う時は道の端で立ち止まるなどの対策を考えてみましょう。

参考にこちらのデータをご覧ください。

東京消防庁<歩きスマホ等に係る事故に注意!!> 

http://www.tfd.metro.tokyo.jp/lfe/topics/201503/mobile.html

スポンサードリンク

歩きスマホを狙った当たり屋とはなにか

当たり屋とはわざとぶつかって怪我をする、または怪我したふりをして、慰謝料や医療費を請求するという詐欺師のことです。

近年に歩きスマホする人が続出していることに伴い、当たり屋が発生しています。

歩きスマホをしていると、前方や左右の不注意になることは当然で、過失は歩きスマホをしている側に大きくなります。もし当たり屋に出くわしてしまっても、「歩きスマホしているほうが悪い」ことになってしまうので、お金を取られても文句を言い返せないという事態になります。

この当たり屋については昨今問題視されており、今後なにかしらの対策が講じられるでしょうかね。

とはいえ、このような事態にならないためにも、歩きスマホは絶対に止めましょう。自分が歩きスマホをしていなければ出くわさない事態なので、歩くときはしっかりと前を見ましょう。

スマホだけでなく、ガラケーでもメールを打ちながら歩くと同じく危険なので「歩き〇〇」は止めましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る