歴代の瞬間最高視聴率ドラマランキングを紹介

国民の注目を集めるドラマ。

高い視聴率を誇り、多くの人々から注目されます。高視聴率のドラマに出演することでブレイクする役者も多いですね。

さて、今回は2000年~2015年の歴代最高視聴率ドラマをランキング形式で紹介したいと思います。ベスト20までを紹介します。

歴代の瞬間最高視聴率ドラマランキング

順位 ドラマ 視聴率
1 2013年 半沢直樹 42.2 TBS
2 2000年 ビューティフルライフ 41.3 TBS
3 2011年 家政婦のミタ 40.0 日本テレビ
4 2003年 GOOD LUCK!! 37.6 TBS
5 2001年 HERO 36.8 フジテレビ
6 2000年 やまとなでしこ 34.2 フジテレビ
7 2005年 ごくせん2 32.5 日本テレビ
8 2003年 白い巨塔 32.1 フジテレビ
9 2007年 華麗なる一族 30.4 TBS
10 2006年 西遊記 29.2 フジテレビ
11 2001年 明日があるさ 29.0 日本テレビ
12 2004年 プライド 28.8 フジテレビ
13 2000年 オヤジぃ 28.0 TBS
14 2007年 花より男子2(リターンズ) 27.6 TBS
15 2008年 CHANGE 27.4 フジテレビ
16 2004年 僕と彼女と彼女の生きる道 27.1 フジテレビ
17 2013年 Doctor-X ~外科医・大門未知子~ 26.9 テレビ朝日
18 2008年 ごくせん 第3シリーズ 26.4 日本テレビ
19 2004年 砂の器 26.3 TBS
20 2011年 JIN-仁- 26.1 TBS
スポンサードリンク

ねねねの感想

一度は見たことがある、聞いたことがあるドラマタイトルですね。

しかし、意外と50%を超えているものはないですね。もう少し高いと思ったのですが、予想外でした。

とはいえ、十分に高視聴率ですが。

ランキングをご覧になるとわかりますが、2010年以降はランキングに入っている数が少ないことが特徴です。昨今はドラマの低視聴率が騒がれていますが、あながち間違ってはいないでしょう。インターネットの普及でテレビを見る割合も減ったでしょう。

ただ、1位は半沢直樹で2013年という点から考えると単純にいいドラマが減ったと推測できます。

今後、ドラマの巻き返しはあるのでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る