民進党の代表選で蓮舫氏が当選|党代表になり民進党は変わっていくか?

政治の中で大きな動きです。

民進党の代表選が9月15日に行われました。代表選序盤から他の候補をリードしてきた蓮舫氏は1回目の投票で過半数を越えるポイントを獲得し、見事に新代表となりました。

女性の代表就任は初めてのことです。

直前に国籍など問題点が浮かび上がりましたが、ぶっちぎりになりました。

蓮舫氏が当選

民進党代表選が9月15日に投開票され、蓮舫代表代行が503ポイントを獲得し、1回目の投票で過半数を獲得しました。

これによって新代表に選出となりました。女性の代表就任は初めてのことです。これは前身の民主党時代を含めて、同党の女性代表は初めてですね。任期は2019年9月末までの3年間です。

争った前原誠司元外相は230ポイント、玉木雄一郎国対副委員長は116ポイントでした。

ダブルスコアの圧勝といっていいでしょう。

序盤から圧倒的なリードという情勢が伝えられていましたが、途中で国籍問題などが浮上し一時苦戦かと思われていました。しかし蓋を開けてみればこのような結果でしたね。

党大会開会に先立って一部の議員が、国籍問題に関する蓮舫氏の説明不足などを理由に代表選のやり直しを執行部に要求するという場面がありました。しかし執行部側はこれに応じませんでした。選挙管理委員会は「公平公正な選挙戦が行われた」として、予定通りの日程を進めました。

今後は蓮舫氏の元で民進再生なるでしょうか。

スポンサードリンク

民進再生なるか?

民進党は現在厳しい状況にあります。

一時は与党となった全身時代の民主党ですが、その後は落ちぶれているのが現状です。今回の代表選でも「再生」という言葉を聞きました。党内でも現在の状況がまずいことは自覚しているということでしょうね。

再生はあるのでしょうか?

答えは今後次第でしょう。

与党時代には50%を超えていましたが、現在では8%程度となっています。これまでの政策などに対する評価がこれです。しかしこれは現状であり、この先についてはまだまだ未定です。蓮舫氏を中心とした取り組みなどに注目していくしかないでしょう。ただ蓮舫氏には国籍問題もあり、今回の代表選でも一部議員たちは反発をしていました。一枚岩になっていない現在の状況ではすこし厳しいかもしれないですね。

日本で暮らす一国民としては、政党云々関係なしに住みやすい国にしていただきたいというのが本音なところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る