水力発電のメリットとデメリットをわかりやすく説明します!

原子力発電の危険性が指摘される中で注目されるのが別の発電方法です。

今回は”水力発電”について見ていきましょう。

水力発電のメリットおよびデメリットを考える場合には、まず水力発電のメカニズムを良く理解する必要があります。

この水力発電のメカニズムとしましては、高い場所にある水が重力により落下する際のエネルギーを利用して発電するものであります。さらに具体的な発電方法としましては、落下していく水が発電機内のタービンブレードを推進することにより発電するものであり、基本的なメカニズムはシンプルな構造となっております。

発電量を多くしようとするならば、推進力の増大に比例するところから水量のアップもしくは水流の速度をアップさせることがポイントとなります。

これらを実現させるためには、水量を確保することと水流の速度アップのために大型のダム建設がポイントとされているのであります。

 

水力発電のメリット

この水力発電により考えられているメリットなのですが、現在注目されているポイントとして二酸化炭素の排出量が極めて少ない点が挙げられます。

つまり発電所を稼働させるにあたり地球を汚してしまうリスクが極めて少ないということになり、環境面を考えた場合には非常に優秀な発電方法となるのであります。

さらに考えられているメリットとしましては発電に対しての原料が枯渇してしまう心配が無い点であり、自然の循環サイクルを上手に利用した極めてエコロジーな発電方法であるのです。

また、天候などによる影響を受けにくい点や発電量のコントロールが容易である点などもメリットであると考えられており、水源が比較的豊富な日本にフィットした発電方法として全国各所に建造されてきております。

特に”エコ面”で素晴らしい発電方法といえますね。

スポンサードリンク

デメリットについて

デメリットはあるのでしょうか?

一方デメリットとして考えられている部分もあるのですが、それは水力発電に欠かすことのできないダム湖の建設により周辺住民の住環境に多大な影響を与えてしまう点であります。

またダムを含めた水力発電に関わる建造物の建設費用は莫大であり、費用対効果をしっかりと考えることが大変重要となります。

さらに水力発電所の建設は大変期間のかかるものであり、長期的な電力需要の推移を予測することは難易度があるとされております。

つまり計画段階から完成までに様々な状況が変化している可能性がありますので、慎重に建設計画を練らなければならないことになります。

わかりやすく言うと「お金と時間が必要」というわけですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る