港区長選挙2016の結果速報、投票率の低さが課題になる

LINEで送る
Pocket

東京都の港区長選挙2016の結果速報です。

現職の武井雅昭氏の4選になるか注目された選挙でしたが、結果が確定して4選となりましたね。

しかし今回の選挙も盛り上がりに欠けたというのが大方の見方です。最終的な投票率は24.25%と非常に低い数字をたたき出しました。とても低く感じますが、2012年の港区長選挙よりも投票率が高くなっています。ちなみに、2012年の投票率は22.13%でした。

港区長選挙2016の結果

氏名 年齢 党派 職業 得票数
千葉一成 62 無所属 政党役員 7,406
武井雅昭 63 無所属 区長 33,803
梅原よしひこ 64 無所属 組合代表 2,785

港区長選挙2016 立候補者

※届け出順

☆千葉一成(ちば かずしげ)(62) 無所属・新人 
 共産党地区委員長(元)民青地区委員▽佐沼高 =共

☆武井雅昭(たけい まさあき)(63) 無所属・現職<3期>
 区長(元)区区民生活部長・政策経営部人事課長▽早大 =自民公社

☆梅原義彦(うめはら よしひこ)(64) 無所属・新人 
 東京中央食育事業組合代表理事(元)ゴルフスクール経営▽成城大  

スポンサードリンク

投票率について

現職の武井氏が4選となりました。

しかしその投票率は24.25%となり、注目度の低さが浮き彫りになった結果となりましたね。

開票が始まる前から不安視されていた投票率ですが、17時時点での投票率が13.70%と前回に比べ微減していることがわかりました。前回の区長選では17時時点での投票率が14.40%だったので、さらに低くなっていることがわかります。

最終的には持ち直しましたが、それでも24.25%と非常に低い数字です。

実は今回に限らず、東京都特別区で課題になっているのが低下する投票率にあります。区長選は1996年からすべて投票率30%を切っています。市区町村長選挙の投票率の全国平均は発表されており、全国では「51.54%」が平均となっています。30%を切ってくるようでは、全国平均の半分程度ということになりますね。

民主主義が機能しているとは言い難い状況にあります。

この理由としては文字通り「選挙にいかない人が多い」ことです。

投票に行くのはすでに固定した政党を支持している高齢の住民だけで、多くの人は関心がないことがその理由ですね。

とはいえ、港区は安定している地域なので区長選が盛り上がらないのも納得ができます。財政状況もよく、さしあたって問題点のない土地なのでこういった数字になるのもある種の必然かもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る