漫画の実写化は成功が少なく失敗ばかり?視聴率が悪くても実写化をする理由は?

最近になって漫画原作の実写化が増えています。

しかしその大半が失敗ばかりです。

話題にはなるものの映画で大コケしたり、ドラマ化すれば視聴率が振るわず打ち切り、という報道をよく見かけます。

特に残念なのはアニメ化は大成功しているのに、実写化して失敗するというものです。おまけに原作を改変し、漫画のファンから叩かれ、ドラマ好きからも面白くないと叩かれることです。

何を考えているのかと呆れてしまいますね。

そこには理由があります。

漫画実写の成否

最初に断わっておきたいのが、原作の素晴らしさです。

ドラマ化されたり、映画化されたり、ミュージカルになったり、でコケる作品もありますがそれは実写化をしているからです。漫画原作の作品はアニメ化すると軒並みヒットしています。

というか、ヒット作しかアニメにならないので面白くないことはあり得ないでしょう。

実写化すると失敗するのはどうして?

これは性質にありますね。漫画は様々なジャンルがあります。それこそ「ファンタジー、ミステリー、恋愛、ホラーサスペンス」などいくつもあります。

実写化失敗の裏には2つの秘密があります。

実写化できない描写

まずはこちらです。

特にファンタジーで多いのですが、例えば戦闘物の作品としましょう。漫画では常軌を逸した動きがあり、人間では絶対に不可能であろう超人たちの戦いがありますね。

これを実写化するのは無理です。

最近ではCGなどの技術が上がっていますが、アニメと比べてしまうと演じているのが生身の人間なので限界があります。どれほど運動神経がよくても「空に浮かび上がったり、手から炎が出たり、瞬間移動したり」はできないですね。

現実感があまりになく、CGなどの技術が陳腐に見えてしまいます。

キャストの問題

失敗する最大の理由がこちらでしょう。

先に断わっておきますが、演じている方が悪いというわけではないです。

漫画原作の場合は特にそうですが、男女がとても美男美女です。

その格好よさと美しさは三次元では出すことができず、二次元ならではといえます。これについては絶対に越えられないものですよね。顔立ちも性格も何もかも理想的なものであり、三次元でこれを出すのはちょっと無理があります。

アニメでは可能です。

実写では不可能です。

先にアニメ化して作品のイメージを掴んだ後で実写化されることが多いので、実写化するとアニメよりも劣って見えてしまいます。

スポンサードリンク

実写化をする理由

どうして失敗続きでも実写化するのでしょうか。

その理由では”作家不足”でしょう。

漫画がアニメ化したものはどれも人気があります。昨今の日本ではアニメが空前のブームであり、世界的に日本のアニメは評価されていますね。人気に乗っかろうとしているわけですね。

また、活字離れということも手伝っていますね。

従来のように人気小説をドラマ化、あるいは映画化することが少なくなりました。

これは単純に人気小説が少なくなったことも要因でしょう。視聴率が悪い、興行収入的に悪い、それでも実写化するのは他に題材がないことが最大の理由ですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 6月 18日

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る