漫画やアニメの実写化に賛成or反対意見を聞いてみた~反対意見編~

最近になって多い「実写化」の話題。

賛成編はこちらです。

さて、この実写化の賛否について意見をうかがいました。10人の方にうかがいましたが、その内訳は「賛成2人、反対8人」という結果です。

今回は反対と答えた8名の方の意見を紹介します。

漫画は漫画として楽しみたい

最近は漫画からの映画への実写が多いですが、私の知らない作品もあるので、こういうものなんだという感じで見ることができます。

ストーリー展開そのものを、楽しめる感じです。

でも、自分の知っている作品ですと思い入れもありますので、演じている役者さんの表現はこうではないなと、うがった見方をしてしまう部分が出てきていまします。

アクションが取り込まれているものは、自分の想していた動きよりもCG感がでてしまっていて、残念に思うことがあります。漫画・アニメとして人気があるから映画化という流れが多いのは、少し残念に思っています。

漫画・アニメだからできる独特の表現、実際には起こりえないから楽しめるという部分もあるからです。

二次元コンテンツの三次元化について

まず、わたしは漫画などの二次元コンテンツを三次元化することに反対です。

理由は、そもそも三次元化することを前提に漫画やアニメは作られていないからです。たとえば、ファンタジー漫画など、もっとも実写化すべきでないジャンルだと思います。

絵の中では生えるカラフルなヘアカラー、独創的な服装、舞台となる世界観、すべてにおいて、現実離れしています。

その現実から離れた世界を楽しみたいがために、読者はその作品を読みます。

これが現実に近い三次元化されたら?

むしろ、違和感しか残らないのが当たり前だと思います。まだ学園物など、本当にありえそうな身近なストーリーの作品ならわからないでもないですが、「異世界」であることが売りの作品からその「異世界」を取り除くのは、本末転倒甚だしいと感じます。

原作ファンの気持ち

私は漫画やアニメが実写化する事には反対です。

なぜならば実写化する事で、原作ファンのイメージが壊れてしまうと思うからです。原作に忠実なキャスティングやストーリーになればファンも喜ぶと思いますが、実際はそうはいかない事が多いです。いくらファンの方が原作と実写化は別物と割り切っていたとしても、世間には同じ作品としてこれから広まるのです。

確かに、原作を知らない人にとっては実写化作品を見る事で、大体の話はわかると思います。

そこで興味を持ってもらえれば、原作を知りたいと思う人も出てきて宣伝効果はあると思います。

しかし、原作を数時間にまとめて誰もが満足のいく作品にするのは、とても難しいです。原作ファンが思い入れの多い作品であればあるほど、原作を大切にして実写化をしない方がいいと思います。

原作が1番です

わたしは漫画やアニメを実写化することに反対です。

なぜなら、原作のほうが断然面白いからです。好きな漫画やアニメが実写化するということを耳にすると確かにテンションがあがります。しかし、見ると後悔します。

原作と全然違った。このキャラクターにこの人は合わないでしょと思ったり、自分の好きだったキャラクターを自分の気に入らない人に演技されると見ないほうがよかったと思ってしまいます。

ただ、実写化もいいことはあると思います。それは、自分が知らなかった漫画やアニメの実写化であればその漫画やアニメを知ることができます。その実写化のを見て、面白いと思えば、その漫画やアニメを見たくなるかもしれません。

実写化も悪いことばかりではありませんが、わたしは原作が1番だと思います。

スポンサードリンク

私は反対です

私は、漫画やアニメの実写化は反対します。

最近は、本当に人気漫画等の実写映画化等の話しを良く耳にしますね。しかし、アニメも漫画も日本が誇る文化であり、実写ドラマとは全く違う物なのだと思うんです。

たとえ、どれだけ映像やCG技術が進歩したとしても、アニメはアニメでしか、漫画は漫画は表現出来ない事が沢山あります。
それを実写で表現しようとすると、どうしても違和感や不自然さを覚えます。

アニメや漫画で100パーセントの表現を、実写では良くても精々40から60パーセント程度しか表現出来ないと思うんです。見ていて、笑えてくる程酷い物もあります。

私の周りの人達も、私と同意見の人ばかりです。実写化等という愚行を一体誰が望んでいるのでしょうか。

人気漫画やアニメの実写化について

私は実写化するのは反対です。

今まで人気アニメや漫画の実写化にそこまで興味がありませんでした。

しかし、最近私の大好きなアニメが実写化されることに決まりました。そのとき、すごく嫌な気持ちになったのを覚えています。よく、そのキャストがあってないとか言う理由で嫌と言う人が多いですが、私はそうじゃなくて、実際にアニメを見たことがない人に、映画の2時間くらいを見ただけでそのアニメの良さは伝わらないからです。

本当はアニメを何話もじっくりと見てこんなにもストーリーが詰まっていて最高の物語なのに、短時間では何か腑に落ちない面があるからです。

映画化してしまうとどこか現代的な話になってしまうし、やっぱりアニメの中だけで美しいまま残っていて欲しいです。

平面だから雰囲気に浸れるのですが

漫画やアニメの実写化は反対です。

なぜなら実写化することによりほとんどの場合、作品の世界観を壊してしまうからです。その作品の「平面の世界」でのみに発揮される独特の雰囲気ってあると思います。

それらを現実世界に持ち込むことにより非常に陳腐な物にしてしまうのです。様々な作品に登場するだいたいの魅力的な登場人物は作品の中にいるから素敵なのであって、リアルに存在すると浮いていたりおかしな人間だったりするのです。

平面の世界に夢中になっていたから気づかなかったことに、現実世界で覚めた目で見れば急に「そうでもなかったな」なんて思ってしまうのです。

だから、大好きな作品ほど実写化はしてほしくない。心からそう思います。

実写にする必要性は?

私は、漫画やアニメの実写化は基本的には反対です。

その理由は、そもそも漫画やアニメというものは、現実では表現出来ないものを描いているものだと思うからです。現実ではないからこそ表現出来るものや、魅力的に映るものを描いていくのが、それらの醍醐味だと私は考えているのです。

それをわざわざ現実に戻そうとする必要性を感じられません。

加えて、これは漫画やアニメに限る話ではないのかもしれませんが、実写化をするのにあまり原作を尊重していないように思えることに、少々首を傾げます。単に「流行っているから」という理由で実写化をしているだけではないのか、と勘ぐってしまいます。

このような現状から、反対の立場を取っています。

ただし逆を言えば、実写で表現する必要性があり、原作への愛情が感じられる作品であれば、それも一つの形であるとは思っています。今後も漫画やアニメの実写化が続いていくとすれば、そういった作風のものが増えてくれることを願っています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る