熊本地震で避難宅で窃盗&空き巣事件相次ぐ、震災時の火事場泥棒には重罪を

LINEで送る
Pocket

腹立たしいニュースが報道されました。

熊本地震の後、住人が避難して不在だった村のアパートから物を盗もうとした男性が逮捕されるという事件が発生しました。他にもこういった震災泥棒が発生しています。

震災を利用して窃盗とかホントに腹立たしくなりますね。個人的には非常に罪を重くしてもらいたい気持ちでいっぱいです。

熊本地震で避難宅で窃盗事件相次ぐ

熊本で発生した大地震。

今でも多くの人々が避難所での生活を余儀なくされています。

自宅に戻れない状況が続いているのですが、そういった熊本では現在窃盗事件が相次いでいます。熊本地震の被災地の民家に空き巣に入ったとして、34歳の男性が逮捕されました。

そして、熊本県南阿蘇村のアパートからテレビなどを盗み出したとして38歳の男性が逮捕されました。こちらの事件では、南阿蘇村河陽の男子大学生のアパートに侵入し、24型テレビなどを盗もうとした疑いがもたれています。

どちらの場合も本人は否定しているようですが。

まあ、余震が怖くて近くの民家に入ったという良い訳ならばともかく実際にモノを持っている場面を目撃されているのであれば言い訳できないでしょうかね。

4月14日に発生した地震から、被災地の留守宅や避難所での窃盗被害は未遂を含めて40件ほどが確認されています。

これは熊本地震だけに限らず、東北で発生した地震の際にも火事場泥棒のようなことは多数発生していました。無人となっていることが多いので誰にも見つからず犯行するというわけですね。

最悪なのは「ボランティア名目で被災地に入り、窃盗を行うケース」です。これは実際にあったもので、ボランティアとして他県から入ってきた連中が被災宅に入り込み、空き巣行為を働くというものです。

スポンサードリンク

重罪を望みたい

個人的には非常に許せないような案件ですね。

被災者からしたら自分の家に戻れないだけでも相当のストレスなのに、家に戻ってみたら家具もお金も無くなっていたとかホントに酷すぎますね。貴重品を持ち運ぼうにも、避難所から移動の許可は下りないし・・・・

特にボランティア名目で入る人間はホントに最低ですね。

被災地での性被害などについては対策もあるでしょうが、空き巣については被災者が戻れない以上は対策を講じようとしても手段がないですよね。

こういった連中には重罪を望みたいところです。

実際には無理なのでしょうが、しかしボランティアを偽って空き巣などの犯罪を行った連中には何かしらの厳しい罰を与えてほしいのが心情です。法律も今の日本にあった法律に更新してところですね。

災害に乗じた犯罪は、加重する特例法を作るべきといいたいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る