熊本地震のデマツイートで逮捕、今後はデマ拡散で逮捕者増加の可能性も

LINEで送る
Pocket

最近になって多いTwitter(ツイッター)関連の騒動。

熊本地震が発生した際のデマツイートで逮捕となる事態が発生しました。かねてよりデマツイートに関しては悪質なものが多く、イタズラ気分でしているのでしょうが、今回のような逮捕となることもあります。

十分に注意したい問題です。

デマツイート逮捕

熊本地震が発生した直後のことでした。ツイッターで「動物園のライオンが逃げた」などとウソの内容を投稿し、動物園の業務を妨害したとして、神奈川県に住む男性が偽計業務妨害の疑いで逮捕されるという事件が発生しました。

逮捕された具体的な内容としては「地震のせいで、うちの近くの動物園からライオンが放たれた」とウソの内容をツイッターに投稿し、熊本市動植物園の業務を妨害した疑いがもたれています。

イタズラのつもりだったのでしょうが、内容が内容だけにちょっと擁護できないですね。

投稿の後、熊本市動植物園には問い合わせなどの電話が100件を超えました。さらに警察の耳にも入り、ライオンが逃げているので避難できないといった相談もありました。これを受けた警察は捜査を進め、逮捕となりました。

逮捕された男性は警察の調べに対し「悪ふざけでやってしまった」と供述し、容疑を認めているという。

災害時にデマを流し、逮捕されるのは全国で初めてのことです。

この男性が逮捕されたことに関して一部では”やりすぎ”という声も上がっていますが、果たしてそうでしょうか?

実際にその地域の人だったら非常に恐ろしいですよね。自分の暮らしている地域でライオンが脱走したという話を聞いたら相当怖いと思いますし。イタズラのつもりだったことは供述からもわかりますが、20歳ならそれがどれほど悪質なことか気付いてほしいところです。

スポンサードリンク

今後デマツイートで逮捕者が増加か?

今回の事件を受けて考えたいのは「デマツイート」です。

これは文字通り「嘘のツイート」のことです。

実は日本では特に災害時にこういったツイートをされることが多く、問題になっています。熊本地震だけでなく、東北地震の際にもあって問題となりました。もっとも、災害時は情報が錯そうするので一概にすべてイタズラというわけではないのでしょうが。

しかし、イタズラで行った場合は取り返しのつかないことになります。

上記のように逮捕されることも十分に考えられ、気軽につぶやくことで人生がつぶれてしまう可能性もあります。ツイッターを使う際にはくれぐれも注意してください。

今回の件では報道されなかったので取りざたされていないのですが、呟きをリツイートして故意にデマを広める行為も危険です。もっとも、こちらについても正確な情報を広めることに関しては正しい行為なので災害時などの混乱中では難しいことでしょう。

ツイッターを始めとしたSNSの発達で誰でも気軽に情報が発信できるようになったことは便利ですが、こういった偽情報が拡散されてしまうという問題点に関しては指摘がすくなかったのが日本です。

デマツイートにはくれぐれも注意し、自分からはイタズラ心で発信しないようにしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る