父の日と母の日の由来をご存知ですか?実はアメリカが関係しています

父の日と母の日。

日本ではどちらも有名ですが、どちらかといえば母の日のほうがメジャーな印象が強いですね。日頃の感謝を伝えやすいということでしょうか。

さて、今回はこの二つの記念日の由来について説明していきましょう。

以外と知られていないのですが、どちらもアメリカが関係しています。

父の日の由来について

まずは父の日からです。

毎年6月の第3日曜日である父の日ですが、母の日より遅れて誕生しました。そもそも母の日に比べて若干マイナーな父の日ですが、誕生した時期も少し違ったのですね。

父の日ですが、実はアメリカで生まれたものです。1909年にワシントン州のソノラ・スマート・ドッド(ジョン・ブルース・ドッド夫人)という女性が提唱したものなのです。彼女の父親は、母亡き後もたった一人で6人の子どもたちを立派に成人まで育て上げました。

父を心から敬愛していましたが、父親は子どもたちが成人した後に亡くなってしまいました。その頃すでに母の日の存在を知っていた彼女は疑問に思います。

どうして”母の日”はあるのに”父の日”が無いのか、と。

そこで彼女は日頃から通っている教会に出向き、牧師にお願いをします。父の日が6月なのは、彼女の父親の誕生日が6月だからと言われています。そして1916年、ウッドロー・ウィルソン大統領が父の日の演説を行いました。このことによってアメリカで父の日が広く知れ渡るようになりました。

50年後の1966年、リンドン・ジョンソン大統領により6月の第3日曜日が父の日と定められることとなりました。ちなみに、記念日として正式に祝日に制定されたのは1972年のことでした。

結構最近の話に思えますね。

日本で黄色いバラを贈る慣習があるのは、黄色い色はイギリスでは身を守る色と言われていたことが発端のようです。

スポンサードリンク

母の日の由来について

続いて母の日です。

5月の第2日曜日である母の日ですが、こちらは100年以上前に広まったものでした。

実は母の日には諸説あるのですが、父の日と同じくアメリカで広まったとされる説が一般的です。アメリカのフィラデルフィアにアンナ・ジャービスという女性が暮らしていました。その彼女の母親は1905年の5月に亡くなりました。

とても尊敬し、愛していた母の死は彼女にとって非常に辛いものでした。

アンナは1907年、亡き母を偲び母が教師をしていた教会の祭壇に白いカーネーションを贈りました。このことが今の母の日にカーネーションを贈るという文化につながっているのです。母が健在ならば赤いカーネーションを、亡くなられている場合は白のカーネーションを贈りますよね。人々はアンナの母を想う気持ちに感銘を覚えます。

1908年5月10日に、カーネーションを贈ったのと同じ教会に沢山の生徒と母親たちが集い、一番最初の母の日を祝ったのです。そして1914年、母の日はアメリカで正式な祝日となり、現在のように定められました。

一人の女性の母を強く想う気持ちから始まった母の日、とても素敵ですよね。

この由来が最も大きな説であり、個人的にこの説であって欲しいと願っています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る