独身税が2020年から導入開始か?メリットとデメリットについて

LINEで送る
Pocket

独身税なる新しい税金が2020年に導入されるとの報道がありました。

もし、可決されるようなことになれば日本で大きな議論を巻き起こし、騒動になるでしょう。結婚したくてもできない事情もありますし、そもそも金銭的な事情で結婚できないというケースもありますからね。

独身税が2020年から導入開始?

日本では出生率の低さが問題になっています。

その理由のひとつとして挙げられるのは結婚率の低下です。結婚率は年々減少し、さらに晩婚化が加速しているというおまけつきです。晩婚化しているので高齢出産となり、出生率も低下しています。

こういった背景がある中で独身税という言葉を聞くようになりました。

独身税は、美しい国を永続させるために満30歳になっても結婚や出産をしていない男女に課税される税金のことです。ざっくりいえば「30歳で結婚していない人からはお金を徴収する」というものですね。

別名では”結婚優遇税”ともいいます。

独身税法が2020年2月29日に公布され、施行は2020年4月1日からです。所得によって金額が変わり、高所得者ほど高額の税負担を求めることになるようですね。

ただし、事情がある場合は免除の対象となるようです。

スポンサードリンク

メリットについて

メリットについては簡単ですね。

政府としては「結婚をさせ、出生率をあげたい」という狙いがあります。少子化対策のひとつとしてカウントしていいでしょう。

日本だけでなく、ブルガリアで少子化対策として導入された経緯があります。

※ただしブルガリアで施行されたときは全然成果をあげることができないという結果でした。その証拠に、ブルガリアでは1968~1989年まで導入されていました※

メリットについては出生率のアップでしょう。

また、税収がアップするというメリットもあります

デメリットについて

デメリットも多数存在します。

まずは上記のように「過去にブルガリアで施行されていたときに出生率が上がらなかった」という最大のデメリットというか、不安すぎる要素があります。政府はこの事実を知っているのか不安です。

また、別の面も心配されます。

そもそも結婚どころか恋人がいない人にとってはただただお金を搾取されるだけの法案です。

結婚には様々な要素があるものの、ルックスもそのひとつでしょう。この独身税は「ブサイク税」と揶揄されることもあり、恋人すら出来たことがない人には酷すぎます。実際に施行されるとしたら多くのバッシングを受けるでしょう。

日本は現在3人に1人が非正規の時代です。

結婚したくてもできないカップルも多いですし、そういった人たちはお金がないけど税金を払わないために結婚するしかないのだとしたら「強制結婚」ですよね。憲法に記されている”婚姻の自由”が制限されることも問題視されています。

……個人的には独身税の導入はちょっと受け付けないですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 27日

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る