甘利明TPP担当大臣に賄賂疑惑が浮上、渡した建設会社はどこ?

2016年は1月早々から大きなNEWSが続きます。

甘利明TPP担当大臣に賄賂疑惑が浮上しました。報じたのはベッキー不倫報道を報じて話題となっていた週刊文春です。年明け早々からスクープ2連発となりましたね。

賄賂疑惑が浮上しましたが事実はどうなのでしょうか。

また、賄賂を渡した千葉県内の建設会社の総務担当者が週刊文春の取材に応じ、メモや録音を基に金銭の授受を証言したということです。

甘利明TPP担当大臣に賄賂疑惑が浮上

報道があったのは1月20日のことです。雑誌が発売されたのは1月21日で、詳細は週刊文春に掲載されています。

週刊文春が甘利明TPP担当大臣と公設秘書に、政治資金規正法とあっせん利得処罰法違反の疑いがあることをスクープしました。

賄賂を渡したと告発してきた千葉県内の建設会社の総務担当者が取材に応じており、この男性によれば独立行政法人都市再生機構が行っている道路建設の補償を巡り、甘利事務所に口利きを依頼してきたとのこと。過去3年に渡って資金提供や接待を続け、総額は証拠が残るものだけで1200万円になります。

2013年11月14日には封筒に入れた現金50万円を「これはお礼です」と渡したといエピソードもあったようです。これはかなり生々しいですね。

賄賂の理由としては交渉を円滑にするというか、仕事を回してもらうことが理由です。

ただ、気になるのはこの建設会社の方がどうして暴露したのかという点です。

実は大臣側に不信感を抱いたからです。お金を受け取るだけ受け取って仕事を全然回す気がないことに苛立ち、今回の暴露につながったようです。

簡単にまとめましょう。

・甘利大臣に賄賂疑惑

・賄賂を渡した千葉県の建設会社の担当者が取材で認めた

・金額は1200万円以上

・暴露した理由は大臣の態度に不信感を持ったから

スポンサードリンク

渡した建設会社はどこ?

賄賂を渡していたのは千葉県白井市の建設会社Sです。

こちらは担当者が実名で取材に応じています。

特定をされても仕方がないという感じの勇気ある告発ですが、実のところ会社に関しては現時点では不明です。ただ、千葉県白井市にあるイニシャルSの建設関係の会社は約10社ほどで、すぐに特定されるでしょう。

ただ、会社に関しては恐らくこの会社というのは噂で上がっています。

しかしながら間違っている可能性は十分にあり、確証がないので記事には社名を書くような行為は控えます。仮に間違っていたら事実と異なる情報を提供してしまうことになり、その会社に多大な迷惑をかけてしまいます。

恐らくは今後の大臣の会見、あるいは更なる文春の記事などでゆっくりと明らかになってくるでしょう。

続報を待ちたいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る