皆既月食 を撮影しよう|月食も綺麗な月もスマホで簡単に撮影することが可能

2015年4月4日は皆既月食が楽しめます。

そこで気になるのが撮影して保存しておく方法ではないでしょうか。皆既月食のようなレアな現象は撮影しておきたいですよね。

今回はスマホで簡単かつ綺麗に撮影する方法についてお伝えしたいと思います。今回だけでなく、皆既月食の際には是非とも使用して欲しいです。ちなみに2015年の次は、3年後の2018年です。

 

皆既月食とは?

テレビやnewsでよく聞く”皆既月食”という言葉。

意味はご存じですか?

皆既月食とは月食で、月全体が地球の本影に入る現象のことです。地球の大気で屈折された太陽光が月に当たるため、銅色に淡く見え、全く見えなくなることは少ないといえます。

じゃあ、月食とは?

月食とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことです。満月の時に起こる現象ですね。似たような現象である”日食”と違い、月が見える場所であれば地球上のどこからでも同時に観測することができます。

わかりやすく違いを説明しましょう。

月食=地球が太陽と月の間に入り、月が欠けて見える現象

皆既月食=すべての部分が太陽が完全に隠された部分に入る状態

部分月食=一部分だけが本影に入る状態

こうなっています。

覚えておいて損はないので覚えておくことをオススメします。

 

スポンサードリンク

スマホで撮影方法は?

スマホで撮影しようと考えている人は多いでしょう。

普通に撮影も十分いいです。最近のスマホのカメラは性能がいいので綺麗に映してくれます。

日食と違って月食は直接肉眼で見ることが可能です。なので、家の窓から月を見ながら”撮影”ということはとても簡単にできます。

しかし、スマホで撮ると遠くてうまく行かない場合が多いです。皆既月食だけでなく、普通に月を撮影する場合でも遠くてうまく撮影することが困難です。問題となるのは距離ですね。

そこで「双眼鏡を使う」ことをオススメします。

K0000281178

まず、双眼鏡を普通にのぞいてピントを月に合わせます。それからスマホのカメラを起動します。双眼鏡に携帯電話やスマホカメラレンズを重ね、画面を見ながら月が写るようにピントを合わせてシャッターを切ります。

これで遠くの月をはっきりくっきり撮影することが可能です。

 

ねねねの個人的な感想

わたしも双眼鏡を用意して撮影してみようと思います。

ちなみに双眼鏡は縦にして使ったほうが見やすいので、そういった方法を使うことをオススメします。

双眼鏡を利用して撮影する方法は応用が利きますよ。

月食だけでなく、綺麗な満月などは撮影したい気持ちも湧きますよね。そういった場合にも双眼鏡を使ってくっきりはっきり撮影することが可能ですので、利用してみてはいかがでしょう。

スマホは便利ですね\(^o^)/

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る