組み体操が事故多発で一部禁止に|中止する学校も増えて行きそう

LINEで送る
Pocket

運動会の華として見られる組体操。

その組み体操が大きな転換期を迎えています。確かに見栄えはいいのですが、年々そのケガについては問題視されていました。

2016年~2017年には大きな動きとなりそうです。

組み体操が事故多発で一部禁止

大阪市教委は2月9日、市立小中高校の運動会や体育祭で実施している組み体操の「ピラミッド」と「タワー」を来年度から禁止することを決めました。

大阪市は2015年の9月にこちらの”段数”を制限しましたが、その後も骨折事故が相次ぎました。

この問題解決には抜本的な対策が必要と判断し、禁止となりました。こちらのピラミッドやタワーの禁止は別の都道府県も検討しているが、スポーツ庁は「禁止に踏み切った例は聞いたことがない」としています。

組み体操は近年、高さを競う傾向にあります。

3段くらいならば問題ないと言われていましたが、6段、7段とその高さは更新されていきました。そのため落下した際の事故、あるいは土台となっている生徒がケガをするなどの事例が発生し、専門家から危険性が指摘されていました。大阪市は「ピラミッド」は5段、肩の上に立って円塔をつくる「タワー」は3段とするルールを導入しました。

しかし、この新しい高さでもケガが発生しました。

2015年の負傷事故は170件に上ぼりました。骨折に至っては50件を超えています。この数字は以前とほぼ変わらないもので、ついに禁止となりました。

さらに行われた会議では、膝の上に立ち上がる「サボテン」や「肩車」などでも、骨折事故が多いことを問題視する声が上がりました。こちらの技にも規制が必要という声が上がっています。

2人で行うサボテンなどの基本的な技がなくなるとすれば、組み体操は事実上の中止となります。

果たしてどうなるのでしょうか。

スポンサードリンク

ねねねの感想

組み体操が追い込まれていますね。

難しい問題です。確かに単純に高いだけのものは危険ですし、実際にケガが発生しているのならば禁止も仕方ないと思います。

とはいえ、2人組の技を規制するということは「組み体操を禁止にする」ということに等しいでしょう。その場で個人が技を見せても「組み」とはならない訳ですし。

今後は禁止とする学校も出てきそうです。

私は特に組み体操に対して意見があるわけではないのですが、ここは大人ではなく子供たちの意見を反映させるべきではないでしょうか。例えば全校生徒にアンケートで「組み体操がやりたい?」と聞いてみるとか。

生徒たちが希望するのであれば続行すればいいし、生徒たちが反対ならばいっそのこと廃止したほうがいいのではないでしょうかね。組み体操は「連帯感」を大事にするというのが目的でしょうし。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る