給付型奨学金に賛成or反対の意見を聞いてみた~反対意見編~

LINEで送る
Pocket

学生にとって大きな悩みの種であり、救いでもあった奨学金制度。

これまで貸与型の奨学金しか存在しなかったことが問題点となり、返済不要の給付型奨学金というものが来年度から創設される運びとなりそうです。

賛成意見編はこちら

さて、そこで今回は「給付型奨学金」に賛成か反対か意見をうかがいました。10人の方に聞いたところ「賛成8人、反対1人、中立1人」というものになりました。

では、今回は反対と答えた1人と中立1人の意見を紹介します。

給付型奨学金の原資を考えると導入反対です

私は給付型奨学金に反対です。

この問題を考える際に、北欧の福祉先進国との比較が話題になります。確かにスウェーデンなどは大学の授業料は全額無料です。

在学中は家賃等も無料です。低所得家庭であれば、さらなる給付金をもらえます。

それに比べて日本は大学の授業は高く、奨学金があってもほとんど貸付型です。これだけを見れば、誰もがスウェーデンは素晴らしいと思うでしょう。ただ、考えるべきは、その授業料や家賃を誰が支払っているのかということとです。

スウェーデンの大学教授や不動産屋が全員無休で働いているのであれば、実現できるかも知れません。しかし、そんなことがあるはずはないのです。

すべての原資は税金です。

スウェーデンの消費税は原則25%です。100万円の自動車を買うには125万円払わなくてはいけません。そして販売店はその中から25万円を税金として収めるわけです。

日本の消費税は現時点で8%です。現在、税率アップ時期が盛んに議論されていますが、仮に実現しても原則10%になるだけです。一説によれば、日本の場合、消費税が1パーセント上がれば2兆円程度の税収増になると言われています。

年間2兆円もあれば、その額を給付型奨学金にまわしてもお釣りがきます。

でも、それは恐らく実現しないでしょう。給付型奨学金を賛成する人も、そのために消費税を更に何パーセントか上がり、自分の生活に負担がかかると思えば考え方も変わるでしょう。

私は給付型奨学金の理念には賛同します。そのために使うのであれば消費税は上がってもいいかとも思います。しかし、今の現状で給付型奨学金を導入せよというのは、無責任で乱暴な議論だと思います。

スポンサードリンク

中立意見

最後に”難しい”と答えた方の意見です。

確かに対象者など問題点もあるので、こういった意見が出てくるのも当然でしょう。

条件付きになります

何らかの事情があり金銭的な問題で学校に進学できない若者を支援するのは素晴らしいことだと思います。支援したことで若者は学ぶことができ、将来日本社会に貢献してくれるのならこれ以上のシステムはありません。

しかし難しい問題としては対象者の選定です。

政府も課題に挙げて対策を練ると思いますが、不公平になりかねないので、すぐに導入というのは疑問が残ります。また確り審査を行わないと偽った報告で給付型奨学金の申請を行う人も出てきそうなのも心配です。

本当に支援が必要な人のための制度でなければなりません。

しかし有望な若者がお金がないという理由で進学を諦めていた状況が改善するのは望ましいことです。課題もありますが、それが明確なだけに対策にもそれほど時間はかからないと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2016年 6月 04日

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る