織姫と彦星の距離は実際どれくらい離れているの?

7月7日は七夕です。

短冊に願い事を書いたり、イベントを行ったり、お祭りをしたり、と日本国内では非常に盛り上がりを見せるイベントです。その中でもロマンチックなのは「織姫と彦星が1年に1度出会える」という点でしょう。

しかし、雨が降ると出会えないと言われています。

ただ、ここでちょっと考えてみたいのが実際のところはどうなのかという点です。

今回は夢を潰すようなことも書いちゃってあるので注意してください。

最初にざっくりと織姫と彦星の説明

これについては色々なところで話を耳にしたり、サイトを閲覧したりして知っている人も多いでしょう。まずは私なりにわかりやすく「織姫と彦星」について説明します。

織姫と彦星ですが、関係としては夫婦です。

織姫のほうは七夕伝説においては天帝の娘であり、機織りの上手な働き者のお嬢様でした。最高神の娘という立場にあるにもかかわらず働いている姿は素晴らしいの一言です。

彦星のほうは牛追いを生業としたしっかり者の働き者であり、その真面目加減はかなりのものです。織姫と恋に落ちて挨拶にいくのですが、天帝もその真面目さ結婚を許可しました。

しかし、結婚後がまずかったです。

この2人はこれまでの生活っぷりが嘘みたいに、仕事をせずに毎日朝から晩までイチャイチャしていました。

結婚を許可した天帝ですが、あまりの酷さに「こいつらマジか」とブチキレして2人を離れさせます。天の川を中央にはさみ、凄まじい距離を離しました。

しかし、さすがに二度と会えなくなるのは可哀想ということで1年に1度だけ会うことを許しました。

それが七夕というわけですね。

スポンサードリンク

織姫と彦星の距離について

では、肝心の距離について。

ご存じの方も多いでしょうが、織姫と彦星は天体です。

織姫とはのベガ星のことで、彦星はアルタイル星です。 これは夏の夜空に見える「夏の大三角」なので目立ちますね。ちなみに夏の大三角は「こと座のベガ星」と「わし座のアルタイル星」と「はくちょう座のデネブ星」です。3つの星を線で繋いでできるとても大きな三角形を言います。

これは有名なのでよく知られていますね。歌などでも頻繁にでてきますし。

さて、問題は1年に1度出会うと言われる「織姫と彦星」ですね。

どれくらい距離があるのでしょう?

ベガからアルタイルまでの距離は約15光年です。

地球とベガまでは約26光年で、地球とアルタイルまでは約17光年とされています。 

夢のない話で結論から言っちゃいますが、この両者が1年に1度会うのは不可能です。

仮にベガの織姫がアルタイルの彦星に逢いに行っても、光の速さで 15年もかかる距離です。例え両方から逢いに言っても7~8年は必要になります。それに残念ながら天体は動かないので1年に1度の出会いは無理があります。そもそも1年に1度どころか生涯に出会う機会はないといえるでしょう。

なので「天体は動かないし、仮に動いても光の速さでは1年に1度は無理」ってことです。

とはいえ、それじゃ夢がなさすぎる(`・ω・´)

想いの速さはすべてを超越するってことでどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る