芥川賞2015の受賞者が発表|又吉直樹と羽田圭介がダブル受賞!

LINEで送る
Pocket

2015年度の芥川賞の受賞者が発表されました。

最注目はお笑い芸人ピースの又吉直樹先生でしたね。ノミネートされたときも話題となりました。7月16日に受賞者が発表されました。その結果は「又吉直樹先生と羽田圭介先生のダブル受賞」です。

おめでとうございます。又吉先生の受賞は芸人としては初の快挙となりました。

 

芥川賞2015の受賞者が発表

第153回芥川龍之介賞が7月16日、都内にて発表されました。

又吉直樹先生の「火花」と、羽田圭佑先生の「スクラップ・アンド・ビルド」の2作品が選ばれました。

ピースで活動中のお笑い芸人である又吉先生の受賞作「火花」は第28回三島由紀夫賞にもノミネートされ、大きな話題を集めていました。今回の受賞では芸人としては初の快挙でした。

余談ですが、芸能界からはミュージシャンの辻仁成氏が「海峡の光」で受賞し、同じく町田康氏が「きれぎれ」で同賞を受賞しています。

一方の羽田先生は1985年東京都生まれで、2003年に「黒冷水」で第40回文藝賞を受賞していました。今回の本命の1人として名前を挙げられ、今後を期待される新進気鋭の作家です。

スポンサードリンク

 

ピース又吉の快挙

これは快挙といってもいいでしょう。

お笑い芸人としては初の受賞です。話題作りなどと言われることもありましたが、雑音を覆す受賞となりましたね。

選考委員の山田詠美氏は受賞について

「最初の投票の時点で、又吉さんが最も高い得票だった。読むと、どうしても書かざるを得ない切実なものが迫ってくる。主人公と先輩の間の、まさに火花が散るような関係が良く書けている」

と評しました。

又吉先生は元々小説が好きで、ネタ作りでストーリー構成力を鍛えられたと語っています。芸能界では他にミュージシャンの受賞があり、ミュージシャンの「作詞とネタ作りと小説」の文筆作業にどこか通じるものがあったのでしょう。

芸能界の仲間からの祝福、地元からの応援、今後も”又吉フィーバー”は加速していくでしょう。

 

ねねねの感想

両先生おめでとうございます。

世間の注目を浴びた又吉先生の火花ですが、読ませていただきました。とても素晴らしい作品で、決して話題作りのための受賞というわけではないことは受賞作を読まれた方はわかると思います。

この受賞は”凄い”としか言いようがないですね。

一方の羽田先生はまだまだ若く、今後の活躍が非常に楽しみです。これからどのようなキャリアを重ねていくのか楽しみにしたいですね。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る