藤川球児が阪神復帰報道から一転して高知ファイティングドッグスに入団!

動向が注目されていた藤川球児投手が四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに入団することを発表しました。

阪神に復帰間近と報道されていただけに驚きましたね。

この背景には何があったのでしょうか?

高知ファイティングドッグスに入団

メジャーリーグのレンジャーズから自由契約となった藤川球児投手ですが、自身の公式ブログで、四国アイランドリーグplusの高知ファイティングドッグスに入団することを発表しました。

3年ぶりの日本球界復帰となります。

ひとつ疑問が残ります。

どうしてプロ野球ではなく高知に入団したの?

恐らくは多くの人がこの疑問を抱くでしょう。藤川投手といえば日本を代表するリリーフで、阪神タイガースでは守護神として活躍していましたね。火の玉ストレートを引っさげてメジャーリーグに挑戦したほどです。

衰えてプロ野球では無理だと判断したという見方もありますが、これはちょっと違いますね。

古巣である阪神からはオファーがあったものの、その条件は断っています。

ブログでは手術を受けてから心境に変化があったことを明かし、「元気になったらとにかく投げる喜びを 1 番に感じられる場所で腕を振りたい。必要とされる場所で投げたい。そして家族と一緒に居たい」と言葉にしてます。

入団した高知は藤川投手の生まれ故郷であり、さらに奥様の生まれ故郷でもあります。

故郷に錦を飾るという表現が適切かはわからないのですが、故郷で投げたい気持ちが強かったようです。ブログには未来のスターに自分の投球を見せたいと語っています。

確かに藤川投手の球を間近で見るために多くの人が足を運ぶでしょうね。特にプロ野球の球団が近場になく、テレビでしか見たことがない大投手のピッチングを間近で見られるのは非常にうれしいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

ねねねの感想

これは素敵ですね。

上から目線で言うつもりはないのですが、素晴らしい決断だったのではないでしょうか。阪神ファンには寂しいかもしれないのですが、これで独立リーグが確実に盛り上がります。

それは将来的にはプロ野球の発展にもつながると思います。

長い目で見れば英断だったのではないでしょうか。

個人的にも見たいですし、高知の人たちがうらやましいです(笑)

藤川投手の活躍を楽しみにしたいですね。そして、独立リーグのレベルが上がって野球界全体が発展することを願いたいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る