超熱帯夜とは?熱帯夜と超熱帯夜ってどこがどう違うの?

寝苦しい夜といえば”熱帯夜”と呼ばれますね。

しかし最近では”超熱帯夜”と呼ばれる言葉が使用されています。ご存じの方もいるでしょうが、まだまだ浸透はしていないようです。日本は年々気温が上昇しているので、今後は耳にする機会も多くなるでしょう。

今回は「超熱帯夜」について説明していこうと思います。

また、熱帯夜との違いについてもわかりやすく説明します。

 

超熱帯夜とは?

こちらの言葉はまだ用語としては確立されておらず、気象エッセイストである倉嶋厚氏によって作られた造語です。

ちなみにこの倉嶋氏ですが、今では当たり前のように使用されている「熱帯夜」という語句を作った人物でもあります。元々は熱帯夜も造語でした。

その後に様々なマスコミが使用することによって定着して、現在に至ります。

では、超熱帯夜について説明します。

超熱帯夜とは、最低気温が摂氏30度以上の夜を指す言葉です。

用語は公式には定義されていないが、倉嶋氏は「超熱帯夜(ちょうねったいや)」という表現を紹介しています。そして、いくつかの報道機関でも同じように表現されています。

今後はこの言葉が定着する可能性が高いでしょう。

地球温暖化が叫ばれる昨今の日本では聞く機会も年々増えていくことでしょうね。あまり聞きたくはないですけどね(苦笑)

 

熱帯夜と超熱帯夜の違いは?

熱帯夜という言葉は一度は耳にしたことがある語句でしょう。

そして、超熱帯夜は上記で説明したとおりです。

この2つの違いはこのようになっております。

熱帯夜 最低気温が摂氏25度以下に下がらない夜 (寝苦しく、暑い夜)
超熱帯夜 最低気温が摂氏30度以下に下がらない夜(寝付けないほどの暑い夜)

このように違います。

5℃の差があるので、覚えやすいですね。

ちなみに気温を表現する言葉は日中でも使用されるものがあります。それが「夏日、真夏日、猛暑日、酷暑日」というものですね。これらの意味に関しては別の記事で触れているので、そちらをご確認ください。

夏が近づくにつれて熱中症などの危険性が高まっていくので、十分に注意してください。熱帯夜の対処法としてはエアコンが真っ先に浮かびますが、節電を心がけている方はそれ以外の対策をしたいところです。

冷却ジェルを利用するなどして対策をしてください。

窓を開けて眠るのは防犯上とても心配なので、その点にも気を付けてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る