軽減税率でたばこ税が増税される可能性が浮上

LINEで送る
Pocket

2017年4月に決定している消費税率10%。

こちらの消費税引き上げに対して生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の財源として、たばこ税を増税する案が政府・与党内に浮上していることがわかりました。

たばこ税に関しては東京オリンピック関連でも増税という案がでていますね。

増税は免れないことになりそうですね。

軽減税率でたばこ税が増税される可能性が浮上

2017年4月に予定される消費税率10%への引き上げに際し生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の財源として、たばこ税を増税する案が政府・与党内に浮上していることが11月11日にわかりました。

公明党の主張を実現するには、3000億円強の追加財源を捻出する必要があると発表しました。

与党は3400億円の財源が必要な生鮮食品を軽減対象にすることで一致しています。公明党が対象にするよう求める加工食品も加えると、必要な財源は8200億円に膨らむと試算されています。

自民党は当初の想定より1000億円程度多い5000億円強の財源を確保できるとみていますが、自民党と公明党の意見は合致していないことになります。

ここで出てくるのが”たばこ税”です。

というよりも、他に増税するところがなかったというのが実情でしょう。

現行のたばこ税は一般的な銘柄で1本換算で12.244円です。これをおよそ2円引き上げれば約3000億円の税収増が見込める計算となります。

自民党は微妙な立場ですが、公明党はたばこ税増税に前向きです。

微妙といった自民党内ですが、関係農家への配慮からたばこ増税への反対が根強いという問題点があるからです。これが実現するかどうかは予断を許さない状態です。東京オリンピックのほうもまだ余談を許さない状況で、どうなるか微妙ですね。

昨今の日本国内ですが、喫煙者よりも禁煙者のほうが圧倒的に多いようです。国民からの支持としては得られそうですね。

ただ、軽減税率導入よりも消費増税を更に延期もしくは凍結するきという声も出ています。

今回あくまでも可能性が浮上しただけで決定ではないです。

スポンサードリンク

ねねねの感想

消費税増税で手を出したのは”たばこ税”でしたね。

実は予想していました。

軽減税率を導入する以上はどこかで増税するというのは多くの方が考えていたでしょう。出費を抑えるという発想もあるでしょうが、そっち方面には手を出さないと予想していました。議員定数削減が本当は最善なのだと思いますがね。

さて、しかしどうでしょうね。

そろそろ喫煙家たちが怒りそうですが、禁煙派からは支持されそうですね。ただ、あまり上げすぎると誰も買わなくなり、逆に税収が落ちるのではないでしょうか。

いくらになるかは不明ですが、その辺りを考えたい

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る