近親婚がドイツで合法化へ|兄妹で結婚することについての問題点と日本

LINEで送る
Pocket

同性婚が話題となったドイツですが、そのドイツで今度は「近親婚」が合法化となる流れです。

近親婚とは親族関係にある者同士が結婚することです。具体的な例を出すのならば「親子婚、兄弟姉妹婚」ですね。兄妹と結婚は信じられないと思った方も多いでしょうし、ちょっと考えられないと思った人もいるでしょう。

この近親婚については2015年7月11日現在では世界中で禁止されています。

近親婚がドイツで合法化へ

ドイツ政府の倫理委員会は、2015年7月上旬、血の繋がった兄妹または姉弟の結婚を合法化することに賛成しました。

この問題の発端は2012年のことで、4人の子供をもうけて実質的な結婚生活を送っていた兄妹に懲役3年の判決がでました。兄妹であっても家庭を持つ権利はあると主張したところ受け入れられず、敗訴となりました。

しかし、刑事罰を受けることはちょっと納得できないと世間から声があがりました。

そして、2015年7月上旬に倫理委員会は会議をしまして今回の声明に至ります。兄妹婚を禁ずる現行法に反対した委員は14人、賛成は9人、棄権が2人なりました。

この問題について特にあれこれ言うつもりはないですが、あくまでも結婚しても罰則を受けないというだけです。

結婚して家庭を持つことをすべてにおいて容認したわけではないことは覚えておきたいポイントです。

声明文の1行を抜粋

「彼ら刑罰があることで非常に苦しい状況に追いやられている。彼らの基本的人権は保障されておらず、彼らは兄弟姉妹間の男女の愛情を否定せざるを得なくなっている」

スポンサードリンク

問題点と日本

問題点についてはあえて説明することもないでしょう。

子供の存在です。

当ブログでは同性婚についても取り上げましたが、基本的にはこれと同じように子供の存在がネックとなりますね。ドイツでも子供を作ることは今後も禁止していく構えで、あくまで結婚を認めただけのようです。

ただ、ここで気になる点も。

同性婚でも子供を作ることは困難ですし、例えば養子縁組ならば問題はないということでしょう。これは同性婚でも似たことが言えますね。この点さえクリアすればひとまず問題はないといえるでしょう。もっとも、日本では少子化という問題にぶつかってしまうことになりますが。

さて、ひとつ見方を変えて国内に目を向けてみましょう。

日本では兄妹婚などは考えられないことですが、従妹同士で結婚が認められています。

実はこの従妹婚も国によっては「近親婚」として禁止されています。近親婚は世界的に禁止されている行為ですが、この範囲については世界中で異なります。日本では”直系でない血族の場合は、四親等以上はなれていること、および、直系でない姻族”が基準となります。

アメリカでは半分以上の州で従妹同士で結婚することは禁じられています。

これは意外ですよね。従妹に関しての基準は国次第でバラバラなので、海外の人などが来日して従妹結婚したカップルに驚く方もいるようです。

完全に余談ですが(苦笑)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る