連休明けの仕事・会社・学校に行きたくない時の対策について

一部ではゴールデンウィークに突入しましたね。

ゴールデンウィークだけでなく、連休で辛いのは連休明けではないでしょうか。仕事をする気が起きない、会社に行きたくないという気持ちが出るものです。学校でも同様ですよね。

あの憂鬱な気分はどう表現したらいいのか微妙ですよね。

 

憂鬱な気分になるのは何故?

仕事始めが近づくにつれ、憂鬱な気持ちが高まっていくのには理由があります。

その理由のひとつが「体内時計の乱れ」です。

休日になると仕事や学校がないので、ついつい夜更かしをしてしまいますよね。

そして、夜更かしをすると朝寝坊してしまいます。そうすると休日を無駄にしたような気分になり、ダラダラ過ごしてしまいます。そうすると休日全体にメリハリがなくなり、体内時計が乱れてしまいます。

連休中の生活リズムから仕事のリズムに体を戻すことが難しいことが気分が落ち込む最大の要因ですね。

他の理由としては精神面です。

楽しかった休日が終わり、仕事などの辛い現実に向かわなければならない、と考えることで、気分が落ち込み、倦怠感や体調不良などをきたしてしまう。

休日中も規則正しい生活をすれば憂鬱な気分にならないの?

休みをまったく堪能していなければその見方もできますが、それは流石に難しいですね。仕事のない日も仕事をしている人同じようなテンションを保つのは困難でしょう。

 

スポンサードリンク

 

対策は?

対策についてです。

辛さや気だるさを無くすのは難しいですが、緩和させる方法はいくつかあります。ここではいくつかの例について紹介しましょう。

重要なことは連休の気分のままにしておかないということです。

前日に豪華などを食べて気分を上昇させる

逆効果と思っている人も多いでしょうが、これは結構使えます。

食事でなくとも結構ですが、連休の最後の1日だからこそテンションを上げましょう。気分の上がる食事、あるいは遊びなどで気分を最高潮に保つことで翌日の仕事を楽しい気分のまま入ることができます。

そして、明日に備えて早く寝るという心構えを作りましょう。

とに かく早く出社&登校して作業をする

これもいい方法です。

連休に入る前のことを思い出すので非常に効果的です。

出社&登校することで休みモードがすこし消えます。そして、朝から作業することで一気に頭が切り替わります。

長期休暇の場合は2~3日前から生活リズムを戻す

長期休暇の場合ですと、2日ほど前から仕事のある日と同じように寝起きするといいです。

また、一日を通して遊びに出かけるなど、エネルギーの消費は極力控えるほうがいいでしょう。英気を養うということですね。

 

ねねねの個人的な意見

連休明けはキツイですよね。

個人的にも連休終わりは仕事をする気がまったく起きないです。気だるさが全身を襲って、朝から気分が憂鬱になりますね。

今後は対策をして、やる気を出していきたいところです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る