道交法が6月1日から改正!自転車への罰則が大幅に強化されます!

2015年6月1日から道路交通法が改正され、自転車への罰則が強化されることになります。

これは多くの人に関係のある改正ですが、詳しく知らないという人も多いのではないでしょう。あまりメディアに取り上げられていないので、それは仕方ないですね。。

変更点をわかりやすく説明していきたいと思います。

道交法が6月1日から改正

まず、改正される理由についてです。

簡単にいえば事故が増加しているからですね。

事故の増加に関してはいろいろと理由がありますが、最大の理由としては「ながら運転」ですね。スマホを見ながら自転車に乗っていたことが最大の要因でしょう。傘を差しながら乗っていた、などもあります。高齢者が増え、飛び出すことが多くなったことも一因でしょうか。

これまで自転車の違反行為には、赤切符が科せられる手続きだけでした。これは裁判所に呼ばれ、さらに前科もついてしまうという重いものでしたね。

なので、警察官もよほどの危険運転じゃない限りは口頭注意だけでした。

しかし今回の法改正により自転車にも自動車などのように”青切符”を適用できるようになりました。この青切符というのは、軽い違反行為に適用できます。反則金を支払えば裁判や前科にはならないものですね。

自転車を普段から乗っている人は要注意といえます。

ただ、自動車と違っていきなり罰金にはならないですね。さすがに小学生から初犯で罰金をするというのは厳しいところです。

警視庁のわかりやすい画像がありましたので、こちらを使用させていただきます。

13801_02 13801_03

スポンサードリンク

具体的にどういう行為が危険なの?

こちらに関しても警視庁がわかりやすく発表してくれています。

参考にしてください。

1、信号無視
2、通行禁止違反
3、歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)
4、通行区分違反
5、路側帯通行時の歩行者の通行妨害
6、遮断踏切立ち入り
7、交差点安全進行義務違反等
8、交差点優先者妨害等
9、環状交差点安全進行義務違反等
10 指定場所一時不停止等
11 歩道通行時の通行方法違反
12 制動装置(ブレーキ)不良自転車運転
13 酒酔い運転
14 安全運転義務違反

これらに違反すると上にある画像のようになります。

信号無視など軽い気持ちでやっていたり、傘を差しながら運転していたり、スマホをいじりながら運転している人は結構見かけます。これらは罰則の対象となります。

3年で2回以上繰り返したら長い受講を受けることになります。

この法改正を自分とは関係ないと見逃さないでください。青切符が使えるので警察官はバンバン取り締まってきます。そもそも単純に「ながら運転」は危険なので止めてください。

交通ルールをしっかり守る。

この言葉を自分に言い聞かせて徹底してください。

 

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る