長谷川穂積選手の試合”12月11日”のテレビ放送が決定!

LINEで送る
Pocket

ボクシングに復帰した長谷川穂積選手の試合が12月11日に行われます。

プロボクシング元世界2階級王者の長谷川穂積選手にとって再起2戦目となります。相手はWBO世界スーパーフェザー級5位のカルロス・ルイス選手です。

今回はそのテレビ中継が決まったのでお知らせしたいと思います。

12月11日のテレビ放送が決定

対戦相手が中々決まらなかった再起2戦目。

相手は世界スーパーフェザー級5位で、22歳のカルロス・ルイス選手です。相手は1階級上で当初のフェザー級より1ポンド上の契約体重に変更となりました。

長谷川穂積選手にとってはキャリアの中で最も重量のある相手となりますね。

長谷川選手のコメント

「自分はフェザーでも大きい方じゃないし、今回は未知の階級。試合をしてみてパワーとか強さとか試合してみないと分からないけど、自分の決めた道なので」

「不安はありますけど、これくらいじゃないと試合をする意味がない」

期待が膨らみますね。

さて、テレビについてですが、前回のガルシア戦と同様に「日テレG+」で生中継することが決まりました。

12月11日の金曜日20:30~22:00スカパー日テレG+で放送します。

世界タイトルマッチじゃないので地上波で放送しないのは仕方ないのですが、できれば地上波で見たかったですね。その点は残念ですが、テレビ中継があることは素直に喜びたいですね。

テレビの前で応援するファンも多いと思いますが、会場に足を運ぶ方も多くいるでしょう。ちなみにですが、兵庫県神戸市立中央体育館で行われます。

スポンサードリンク

相手と考察について

さて、今回の対戦相手であるカルロス・ルイス選手。

世界スーパーフェザー級5位で、戦績は15戦14勝1敗という素晴らしい戦績を誇っています。元王者の長谷川選手ですが、相手は強敵です。しかも階級が上の選手なので、攻撃は強力なものでしょう。

5月のガルシア選手と同じような戦いをするのでしょうかね。

ただ、足を使ったボクシングですが、5月の戦いでは足の靭帯断裂で、半年間の休養となりました。

それ故に足を使うことに関して長谷川選手はどうなのでしょうか?

とはいえ、階級が上の選手なのでまともに打ち合うのはちょっと危険でしょうかね。フットワークを使いながら戦うとは思うのですが、足の不安を拭えるかは大きなポイントになりそうです。

背水の陣で臨む長谷川選手の目的はリベンジです。WBC世界バンタム級王座の11度目の防衛戦で敗れたフェルナンド・モンティエル選手にリベンジすることです。

ここで負けるわけにはいかないですね。

負け=引退

恐らくはその覚悟で臨むことになるでしょう。絶対に勝利して再びの世界戦を楽しみにしています。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る