阪神タイガースの監督2016年について金本知憲氏へ正式要請か!?

阪神タイガースの和田豊監督で今季で辞任を表明しました。

和田監督は「リーグ優勝を逃した責任を取り、今シーズンをもって退任したい」という申し出を取締役会で報告し、辞任となりました。クライマックスシリーズに進出した場合を含め、今シーズン終了までは指揮を執ります。

8月ぐらいから和田監督と進退について話し合っていたようで、優勝を逃したら自分から退任を申し出るつもりだったようです。

では、気になるのは来季のことです。

2016年の阪神の監督は?

さて、気になるのは2016年シーズンの監督です。

和田監督が辞任するので次のシーズンでは監督が変更となります。

ちなみに和田監督は就任1季目の2012年は5位に終わりました。しかし一昨年からは2年連続で2位となり、昨年は日本シリーズ進出を果たしました。今季も阪神は首位に立ちながらも9月に入ると失速し、優勝を逃しました。

辞任は残念ですが、お疲れさまでした。

次期監督ですが、これまでに数人の名前が挙がっていました。

その中でも有力紙されていた金本知憲氏に正式要請があったという報道がありました。

9月30日、坂井信也オーナーと南信男球団社長のトップ会談が持たれました。最終調整を経て金本知憲氏への新監督要請を正式決定しました。球団間の意見をまとめられれば、条件面検討を行って、すぐにでも要請を行う方針です。

しかし、これで決定とは言いにくいです。

金本氏自身も「いずれ監督も・・・」と述べているようですが、そこには見逃せない問題があります。

それが家族の反対です。

金本氏の妻と娘は監督の就任には反対しているようで、すんなりと決定はしないようですね。また、経験のない状態からいきなり1軍の監督ではファンとしても長期政権になるのか不安視されているという側面もあります。

条件が合わなければ別の方という可能性があります。

その場合に候補として挙がるのは「掛布監督」でしょうか。

とはいえ、阪神球団としては金本氏に一本化する方針です。金本氏がこれを受諾すれば正式決定となるでしょう。受諾しなかった場合はしばらく決定までに揉めそうですね。

スポンサードリンク

ねねねの感想

阪神の次期監督はどうなるでしょうかね。

正式要請という話が出ましたが、果たしてどうなるのでしょうか。これは続報を待ちたいですね。

和田監督お疲れさまでした。

リーグの優勝は逃してしまいましたが、クライマックスシリーズの指揮もとります。最後の最後に有終の美となるでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

ピックアップ記事

  1. 第89回選抜高等学校野球大会の行進曲が発表されました。 発表されたのは星野源氏の『恋』となりま…
  2. 大注目のアメリカ大統領選。 共和党のドナルド・トランプ候補が当選を確実にしたとAP通信が報じま…
  3. AKB48グループを手がける秋元康氏が、新たなアイドルグループをプロデュースすることがわかりました。…
  4. サムスンが大苦戦しています。 韓国サムスン電子は、リコールが発生している新型スマートフォン「ギ…
  5. 2016年も残暑が厳しくなっています。 群馬県では2016年の夏、日中の最高気温が35度を超え…
ページ上部へ戻る